環境・社会

環境への取り組み

オリエンタルモーターは、「低炭素社会」と「循環型社会」を実現し、地球環境を維持・向上させることが、持続的な事業活動の継続には不可⽋と考え、事業活動における環境負荷低減、お客様を含めた社会における環境負荷低減に積極的に取り組み、地球環境に貢献しています。

環境方針

オリエンタルモーターは次の環境基本理念・環境方針の下、地球環境とひとに優しい企業活動を推進しています。

環境基本理念

オリエンタルモーター株式会社は、お客様のニーズを捉えた製品の開発および標準化に取り組み、製品のライフサイクルを通して、地球環境の保全のために、事業活動のあらゆる面で環境負荷低減に貢献します。

環境方針
  1. 全ての社員が、事業活動、製品、サービスが環境に与える影響を把握し、環境課題を定めるとともに円滑なPDCAサイクルを通して、継続的な改善を実施します。
  2. 製品の省資源・省エネルギー設計、有害物質の削減に取り組み、製品のライフサイクルを通して環境への負荷低減に努めます。
  3. 全ての事業活動において、省資源、資源の有効利用、使用エネルギーの削減、廃棄物の削減を推進します。
  4. 法規制を始めとする社会的要求事項を順守し、環境汚染の防止に取り組みます。
  5. 地域の環境保護活動に積極的に取り組み、地域社会との共生を図ります。
  6. 環境教育と社員の創意・工夫を重視し、さらなる環境負荷低減に努めます。

制定日:1999年8月6日

改定日:2016年4月1日

マネジメントシステム認証

オリエンタルモーターはISO 9001およびISO 14001の認証を取得し、統合マネジメントシステムを構築しています。
2016年度の更新審査において、2015年版への移⾏が完了しています。

証明書1 証明書2

ISO 9001、ISO 14001認証取得状況


ISO 9001 ISO 14001
認証基準 ISO 9001:2015 ISO 14001:2015
認証番号 20002234 QM15 20002234 UM15
登録日 2005年2月23日 ※全社統合での認証取得日
更新日 2017年2月15日 ※最新版登録証発行日
登録拠点
  • 鶴岡中央事業所
  • 鶴岡西事業所
  • つくば事業所
  • 土浦事業所
  • 高松香西事業所
  • 高松国分寺事業所
  • 相馬事業所
  • 東京支社
  • 名古屋支社
  • 大阪支社
適用範囲
  • ACモーター
  • ブラシレスモーター
  • ステッピングモーター
  • サーボモーター
  • ファンモーター
  • ギヤヘッド
  • 電動アクチュエータ
  • モーター用オプション
審査登録機関 ドイツ品質システム認証株式会社(DQS Japan Inc.)

環境負荷低減に貢献する製品の提供

オリエンタルモーターは、製品の環境アセスメントを企画構想、開発・設計および試作・立ち上げの過程で実施し、ライフサイクルの各段階において、省資源化、再資源化、処理の容易化、省エネルギー、製品含有化学物質の管理、などの評価を行っています。

製品のライフサイクルにおける当社の活動 イメージ
  • 部品、原材料の減量、低減
  • より環境負荷の少ない材料・部品の採用
    (グリーン調達の取り組み)
  • 取り扱い説明書の電子化による紙使用削減
  • リサイクル材の採用
  • 製造時のエネルギー使用量削減
  • 製造時の資源消費量低減
  • 製造工程における使用化学物質の管理
  • 廃棄物の削減および適正処理
  • 製品含有化学物質の管理
  • 梱包の最適設計による輸送効率向上
  • リサイクルのしやすい梱包
  • 製品含有化学物質の情報伝達
  • 梱包の最適設計による廃棄物削減
  • ネットワーク対応製品による省配線
  • 製品の長寿命化による保守低減
  • 製品使用時の消費電力量削減
    (省エネルギー製品の開発)
  • 製品の長寿命化による廃棄削減
  • 製品の小型化による廃棄削減
  • リサイクルのしやすい製品
  1. 省エネルギー化(高効率化)
    「電気エネルギー」を「機械エネルギー」に変換するモーター。その省エネルギー化には、モーターの発生損失を抑えた高効率化が必要です。国際標準など国内外の動向を捉えながら製品の高効率化を進めています。
  2. 省資源化・長寿命化
    これまで、製品の小型・高出力化など省資源化により、製品のライフサイクルにおける資源の有効利用をはかってきました。今後は製品の特徴に合わせ、長寿命化や省配線化なども推進していきます。
  3. 製品含有化学物質の管理
    グローバルな電気・電子業界の標準に準拠。製品含有化学物質の管理は、電気・電子業界の標準である IEC 62474※とお客様の要求事項を考慮したグリーン調達基準にそっておこなわれています。

欧州RoHS指令、REACH規則、電器電子製品有害物質使用制限管理弁法(中華人民共和国)、その他の法規制等の製品含有化学物質における取り組みと対応状況をご紹介します。

※IEC:国際電気標準会議(IECは電気・電子技術及び関連技術に関する国際規格を開発し、発行する国際機関です)
IEC 62474:電気・電子業界及びその製品に関するマテリアルデクラレーション(構成材料/含有物質の情報伝達)

事業活動における環境負荷低減

環境活動の目標と実績

2016年度目標 2016年度実績 2017年度目標
エネルギーの管理 エネルギー効率を向上させる 空調設備や照明の更新を積極的に推進し、エネルギー効率が向上 5年度間平均原単位の1%以上の低減を達成する
廃棄物の管理 廃棄物削減活動の継続
すべての国内主要生産拠点でゼロエミッション(リサイクル率99.0%以上)を維持する
廃棄物の総排出量2,865t(前年度比94%)
国内主要生産拠点の廃棄物累計でゼロエミッションを達成
廃棄物削減活動の継続
国内主要生産拠点の廃棄物累計でリサイクル率99.0%以上を維持する
マテリアルフロー
マテリアルフロー イメージ

*報告範囲

  • エネルギーデータ(電気使用量、LPG使用量、灯油使用量、ガソリン使用量およびCO2排出量):日本国内のオリエンタルモーターおよび関連会社
  • エネルギーデータ以外:国内主要生産拠点(鶴岡中央事業所、鶴岡西事業所、土浦事業所、つくば事業所、高松香西事業所、高松国分寺事業所、相馬事業所)

*CO2排出量の算出については環境省・経済産業省の「温室効果ガス排出量算定・報告マニュアル」を参照しています。

*CO2排出量の算出には、電気事業者ごとの実排出係数を使用しています。

エネルギーとCO2の低減

2016 年度のエネルギー使⽤量は、原油換算で5,158Klでした。2015年度と⽐較すると106%の実績となり総量は2015年度より増加しています。その要因は⽣産増に伴うもので、売上⾼原単位は2012年度を100とした場合、約20%の改善となっており、省エネ法の特定事業者の⽬標とされる「5年度間平均1%以上の低減」を達成しています。

原油換算と売上高原単位の推移

原油換算と売上高原単位の推移
廃棄物抑制とリサイクル推進

全社一丸となったリユース・リデュース・リサイクル活動により、廃棄物排出量の削減とリサイクル率の向上に努めています。 2016年度の廃棄物の総排出量は、2,865tで2015 年度と⽐較すると94%の実績となりました。
2015年度は⽣産増に伴う電磁鋼板の排出量増加に加え、全⽣産拠点で労働安全の向上を⽬的とした⽣産に使⽤する設備器具の更新を⾏ったため、総排出量が多くなりましたが、2016年度は⼤きな廃棄がなかったことが前年度の実績を下回った要因です。

廃棄物排出量とリサイクル率の推移(国内主要生産拠点)

廃棄物排出量とリサイクル率の推移(国内主要生産拠点)

環境報告書

オリエンタルモーターの環境への取り組みをご紹介しています。

環境報告書 イメージ
HOME