沿革

  • 2006 - 変革と飛躍
  • 2001 - 2005 さまざまな動きへの対応
  • 1996 - 2000 進出と開拓
  • 1989 - 1995 進化と拡大
  • 1979 - 1988 総合モーターメーカーへの飛躍
  • 1958 - 1978 変化と発展
  • 1951 - 1957 標準化の推進と基礎づくり
  • 1885 - 1950 創業から設立まで

1989~1995 進化と拡大

直線駆動を実現する商品として、スライダやシリンダにモーターをあらかじめ組み合わせた直動機構製品を開発。ステッピングモーターは医療機器、食品包装装置業界を中心に広がり、複写機、プリンタ、FAX、プロッタなどの業界には、DC入力基板タイプのドライバの販売を開始。より高精度、高出力なものへとニーズは変化し、あわせて制御モーター用にギヤ商品を広げていきました。

技術・製品のあゆみ
会社の歩み
  • ACサーボモーターAIPシリーズをDiMERとして発売。

1995
  • 資本金34億円。
  • ステッピングモーター専用発振器
    SG8030D発売。

1994
1993
  • 資本金33億円。
  • 生産工程でフロン・エタン使用を廃止。
  • 5相ステッピングモーターUPKシリーズ発売。
  • 直交軸ギヤヘッドRAシリーズ発売。

UPKシリーズ
UPKシリーズ

1992
  • 資本金30億円。
  • 情報誌「New Motion」創刊。

「New Motion」創刊号
「New Motion」
創刊号

  • 電動アクチュエータC-LINE、S-LINE発売。
1991
  • 資本金25億円。
  • 小型モーター業界で初めて防塵・防水の基準を示すIPをうたったFPシリーズを発売。
  • 外観デザインは工業デザイナーのハンス・ムート氏。


FPシリーズ広告
(1993年)

1990
  • テクニカルフェア開催。

テクニカルフェア '90
テクニカルフェア '90

1989
  • 韓国に合弁会社㈱仁亜OM設立。