企業情報ニュース

企業情報ニュース一覧へ戻る

2011年11月7日

モーターの高トルク化を実現
2 相ステッピングモーター PKPシリーズ発売

オリエンタルモーター株式会社(取締役社長倉石芳雄:東京都台東区東上野4-8-1)は、高トルク設計の2 相ステッピングモーターPKPシリーズを発売いたします。

モーターの高トルク化を実現 2 相ステッピングモーター PKPシリーズ発売

概要

2 相ステッピングモーターPKPシリーズは、高トルク設計により、当社従来品と比べて1.2 ~1.7 倍のトルクアップを実現しました。また、同等トルクで運転した場合に消費電力は20% ダウン、温度上昇を10℃ 以上抑制するなど省エネルギーに貢献します。豊富な電流仕様を用意し、全52 機種をラインアップしました。

特徴

(1)高トルク化を実現

当社従来品に比べて1.2 ~ 1.7 倍の(励磁最大静止トルク)のトルクアップを実現しました。

(2)消費電力と温度上昇の低減を実現

当社従来品と比べて同等トルクで運転した場合、消費電力は20 %ダウン、また10℃ 以上の温度上昇の抑制が可能です。

(3)ダウンサイジング

高トルク化により、当社従来品と比較し、同じトルクで運転する場合、モーターのサイズダウンが可能です。

(4)コネクタ接続方式を採用

モーターリード線は取り外しが可能なコネクタ接続方式を採用しました。
振動などによるコネクタの脱落を防止するロック機構付きでメンテナンス時の交換も簡単です。

(5)豊富な電流仕様をご用意

お客様の装置設計にあわせて最適なモーターをお選びいただけます。
取付角寸法は42mm と56.4mm の2 タイプ、全52 機種を用意しています。

豊富な電流仕様をご用意

拡販を狙う市場

医療、光学機器、分析器などの精密位置決めの用途に幅広く拡販します。

販売目標

30,000台/月

発売日

2011 年11 月9 日

種類と価格

2 相ステッピングモーター PKPシリーズ
ユニポーラ6 本リード線5,300 円~
バイポーラ4 本リード線5,300 円~

以上