企業情報ニュース

企業情報ニュース一覧へ戻る

2012年11月9日

フルデジタル制御のマイクロステップドライバ搭載
新5相ステッピングモーターユニット RKⅡシリーズ
ラインアップ拡大

オリエンタルモーター株式会社(取締役社長 倉石芳雄:東京都台東区東上野4-8-1)は、フルデジタル制御によりモーターの性能を最大限に引き出した新しいステッピングモーターユニット RKⅡシリーズに、ドライバの新機種として位置決め機能内蔵タイプ、モーターの新機種としてハーモニックギヤードタイプ、標準タイプ エンコーダ付の2タイプをラインアップし発売いたします

新5相ステッピングモーターユニットRKIIシリーズ

(左から)位置決め機能内蔵タイプ、標準タイプ エンコーダ付、ハーモニックギヤードタイプ

概要

ステッピングモーターは、上位コントローラから発振されるパルス信号によって、回転角度・回転速度を正確に制御できる高精度位置決めに適したモーターです。小型で高トルクを発生し、簡単に、安定した位置決めをおこなうことができます。
このたび、2012年8月に新発売したステッピングモーターユニットRKⅡシリーズに、ドライバ1機種と、モーター2タイプのラインアップを追加し、よりバリエーションの充実を図ります。
ドライバの新機種、位置決め機能内蔵タイプは、I/O制御、Modbus(RTU)/RS-485通信制御、FAネットワークへの接続が可能となり、お客様のシステム環境にあわせた制御が可能となります。また、エンコーダ付モーターを使うことで、現在位置のモニタや位置ズレの検出などが可能となり、装置の信頼性向上に貢献します。ハーモニックギヤードタイプは、より高トルクのハーモニックギヤを採用し、従来品に比べて1.3倍の高トルクを実現、定格寿命は従来品の倍となる10,000時間に向上しました。
装置の省エネ、省スペース化にも貢献するステッピングモーターユニットを、国内外に積極的に展開していきます。

新製品の特徴

(1)位置決め機能内蔵タイプ

I/O制御、Modbus(RTU)/RS-485通信制御、FAネットワークへの接続が可能、お客様のシステム環境にあわせた制御が可能です。当社のFLEX対応製品と同様の制御方法でお使いになれます。
*FLEX(フレックス)とは、I/O制御、Modbus(RTU)制御、ネットワークコンバータ経由でのFAネットワーク制御に対応した製品の総称です。

(2)標準タイプ エンコーダ付(位置決め機能内蔵タイプのみ)

モーターに分解能500p/rのエンコーダを搭載、現在位置のモニタや位置ズレの検出などが可能となり、装置の信頼性向上に貢献します。

(3)ハーモニックギヤードタイプ

高トルクタイプのハーモニックギヤを採用。従来品に比べ1.3倍となる高トルクを実現、また、定格寿命は従来品に比べ5,000時間から10,000時間に向上しました。
*取付角寸法60mm、90mmタイプのみ

RKⅡシリーズの特徴

(1)フルデジタル制御のマイクロステップドライバ(5相ステッピングモーター初)

各相電流検出PWM制御を採用。電流制御はデジタル化され、高性能CPUを用いて高精度に演算され、全速度域でマイクロステップ駆動が可能となり大幅に振動を低減しました。

(2)小型・高トルク

取付角寸法42mmでは、従来品と比較しトルクが最大50%アップしました。これにより、位置決め時間の短縮ができ、装置のタクトタイムアップに貢献します。

(3)消費電力を47%減

モーター材質の最適化によって損失を大幅に低減、消費電力を最大で47%削減します。モーターの発熱も低減されるため、装置内の機器に与える熱の影響も低減し、熱対策の手間を削減します。

(4)コンパクトなドライバ

ドライバの内部部品の最適配置により、小型・薄型を実現し、設置面積を大幅に削減します。ドライバ複数台を密着して取り付けることが可能となり、設置幅は約半分と大幅な省スペース化に貢献します。

種類と価格

位置決め機能内蔵タイプ 44,500円~
標準タイプ エンコーダ付 51,500円~ *位置決め機能内蔵タイプのみ
ハーモニックギヤードタイプ 92,000円~

拡販を狙う市場

医療、光学機器、分析器などの精密位置決めの用途に幅広く拡販します。

販売目標

RKⅡシリーズ全体 3,000台/月 (1年後)

発売日

2012年11月9日