企業情報ニュース

企業情報ニュース一覧へ戻る

2013年4月19日

ブラシレスモーターユニット BXⅡシリーズ
30W、60W、120Wをラインアップ追加

オリエンタルモーター株式会社(取締役社長:倉石芳雄 本社:東京都台東区東上野4-8-1)は、サーボモーター同様の高特性、高機能を実現しながら、チューニングレスで簡単にお使いいただける、ブラシレスモーターユニットBXⅡシリーズに、30W、60W、120Wをラインアップ追加します

ブラシレスモーターユニット BX IIシリーズ

(左から)コンビタイプ・平行軸ギヤヘッド、コンビタイプ・中空軸フラットギヤヘッド

概要

ブラシレスモーターは、幅広い速度制御範囲や、優れた速度安定性などの特性をもちながら、省スペース、省エネルギーを実現する速度制御モーターです。特に、BXシリーズは、速度制御だけでなく、位置制御やトルク制御なども可能なブラシレスモーターとして発売しています。
昨年2012年11月には、ドライバの小型化をはかり、サーボモーターと同様の高特性、高機能を実現するブラシレスモーターユニットBXⅡシリーズとして、200W、400Wをリニューアル発売しました。今回さらに30W、60W、120Wを追加ラインアップすることで、より多くの市場に拡販していきます。

特徴

(1)高速・高性能の速度制御が可能

・低速から高速まで、ワイドな速度制御範囲
回転速度は2~4000r/m (速度比1:2000)と、速度比が従来品BXシリーズの2倍となり、
低速から高速まで幅広くご使用いただけます。
・優れた速度安定性
速度変動率が±0.05%以下(対負荷)と小さいため、負荷状況が変化するような用途でも、低速から高速まで全ての速度領域で、安定した速度での駆動が可能です。
・多彩な速度設定
回転速度を16速まで設定可能なので、ワークやタクトタイムに合わせた速度選択が可能です。
(従来品BXシリーズは8速なので、2倍になりました)

(2)簡単設定

ドライバ本体に搭載した操作パネルで、デジタル設定・操作が簡単にできます。
操作パネルには、回転速度、負荷率、現在位置、運転番号の表示のほか、アラームコード、ワーニングコードなどもデジタル表示するので、万が一のトラブル時も迅速な対応が可能です。

(3)位置制御

・位置決めデータ数16点
運転データを16点まで設定可能になりました。(従来品BXシリーズの10点増)
・多彩な位置決め運転
単独運転の他、同じ回転方向の4つまでのデータを連結(連結運転)できたり、設定したドウェル時間(停止待ち時間)を守りながら回転方向が異なる運転データを連結(連結運転2)できます。
・ラウンド機能
指令位置が「ラウンド設定範囲」パラメータ値を超えると、指令位置や多回転データを0に戻す機能です。多回転データも0に戻るため、同一方向の連続回転動作が可能になります。
・ドライバ本体に位置決め機能を内蔵
ドライバに位置決め機能を内蔵しているので、従来品BXシリーズで位置制御する際に必要だった別売のシステムアップツールが不要になりました。

(4)トルク制限

用途や使い方にあわせて出力トルクを0~250%まで1%単位で制限できます。ワークの状態に合わせて出力トルクの制限が可能です。

(5)装置の小型化に貢献

ドライバの内部部品の最適配置により、従来品に比べて横幅が5mm薄くなるなど小型・薄型を実現。複数台を密着して取り付けることも可能となり、これまでと同じスペースの中で使用軸数を増やすことも可能です。

種類と価格

それぞれ丸シャフト、コンビタイプ・平行軸ギヤヘッド、コンビタイプ・フラットギヤヘッドがあります。
(30W)
標準         57,000円 ~ 81,600円
電磁ブレーキ付  72,000円 ~ 96,600円
(60W)
標準         60,000円 ~ 88,600円
電磁ブレーキ付  75,000円 ~103,600円
(120W)
標準         64,000円 ~ 96,600円
電磁ブレーキ付  84,000円 ~116,600円

拡販を狙う市場

計量装置や搬送機器、食品機械、など産業用に幅広く拡販します。

販売目標

BXⅡシリーズ 2万台/年 (3年後)

発売日

2013年4月19日