企業情報ニュース

企業情報ニュース一覧へ戻る

2013年4月26日

高トルク2相ステッピングモーター
PKPシリーズ 高分解能タイプ発売

オリエンタルモーター株式会社(取締役社長 倉石芳雄:東京都台東区東上野4-8-1)は、高トルク設計の2相ステッピングモーターPKPシリーズの高分解能タイプを発売いたします。

高トルク2相ステッピングモーターPKPシリーズ高分解能タイプ

42mm(左) □56.4mm(右)

概要

2相ステッピングモーターPKPシリーズは、高トルク設計により、当社従来品PKシリーズと比べて1.2~1.7倍のトルクアップを実現するステッピングモーターです。同等トルクで運転した場合、従来品と比べて消費電力は20%ダウン、温度上昇を10℃以上抑制するなど装置の省エネルギー化に貢献します。今回、新しく高分解能タイプを新発売し、より高精度・より低振動の製品がPKPシリーズにラインアップしました。

高分解能タイプの特徴

(1)高精度

基本ステップ角が標準タイプの半分の0.9°で、1回転を400分割(*)できます。より位置精度を追求したモーターといえます。*PKPシリーズ 標準タイプは1回転200分割。

(2)低振動

基本ステップ角が標準タイプの半分の0.9°になるため、1ステップ時の振動が小さくなります。基本ステップ角が小さくなるため、低速時の振動が小さくなります。
また、標準タイプと比べ2相ステッピングモーターに特有の共振領域が異なります。

PKPシリーズの特徴

(1)高トルク

当社従来品PKシリーズと比べて、励磁最大静止トルク1.2~1.7倍のトルクアップを実現しました。

(2)消費電力と温度上昇の低減を実現

当社従来品と比べて、同等トルクで運転した場合、消費電力は20%ダウン、また10℃以上の温度上昇の抑制が可能です。

(3)ダウンサイジング

高トルク化により、当社従来品PKシリーズと同じトルクで運転する場合、モーターをより小さくすることが可能です。

種類と価格

PKPシリーズ 高分解能タイプ:□42mm 8機種 □56.4mm 12機種
・取付角42mm  ユニポーラ/バイポーラ  片軸/両軸  4,500円~4,900円
・取付角56.4mm ユニポーラ/バイポーラ  片軸/両軸  5,500円~7,800円

拡販を狙う市場

医療、光学機器、分析器などの精密位置決めの用途に幅広く拡販します。

販売目標

PKPシリーズ全体で 40,000台/月

発売日

2013年4月26日