企業情報ニュース

企業情報ニュース一覧へ戻る

2014年4月11日

高トルク2相ステッピングモーター
PKPシリーズ 電磁ブレーキ付を新発売

オリエンタルモーター株式会社(取締役執行役員社長:野村重幸 本社:東京都台東区東上野4-8-1)は、高トルク2相ステッピングモーターPKPシリーズに電磁ブレーキを付けた製品を新発売します。

概要

高トルク2相ステッピングモーターPKPシリーズは、弊社従来品2相PKシリーズと比べて1.2~1.7倍のトルクアップを実現し、また、同等トルクで運転した場合、消費電力は20%ダウン、温度上昇を10℃以上抑制するなど装置の省エネルギー化に貢献する製品です。
今回、PKPシリーズの標準タイプ、高分解能タイプに電磁ブレーキを付けた製品を追加ラインアップしました。よりバリエーションが充実し、お客様の設計シーンにあわせてお選びいただけます。

背景

高トルク2相ステッピングモーター PKPシリーズは、位置決めの必要な精密機器への組み込み用に使用されることが多いステッピングモーターです。各種分析機器をはじめ、さまざまな業界で、小型で、より高トルク、より環境にやさしいモーターへのニーズが増えている昨今、弊社では高トルク2相ステッピングモーターPKPシリーズを従来の2相PKシリーズに代わる製品として強化し、2011年の標準タイプ発売以来、高分解能タイプ、SHギヤードタイプ、エンコーダ付と順次ラインアップをそろえ、ニーズへの対応を進めています。

ねらい

電源オフ時の落下防止、電源オフしてモーターの発熱を下げる際の位置保持、装置輸送時の位置保持など、電磁ブレーキ付へのさまざまなニーズに応えることでさらなる売上拡大をねらいます。

特徴

1. 2相ステッピングモーターに電磁ブレーキを搭載

弊社の2相ステッピングモーターとして初めて電磁ブレーキ付を用意しました。電磁ブレーキを自社開発したため、コストが抑えられ、お求めやすさを実現しています。また、自社開発のため、取付角寸法35mmの小型2相ステッピングモーターにも電磁ブレーキをつけることができました。

2. 無励磁作動型電磁ブレーキ

無励磁作動型電磁ブレーキを組み込んだ製品です。停電のような不測の事態が発生したときに負荷を保持し、落下を防ぎます。上下駆動の昇降装置などに役立ちます

種類と価格(税抜)

 タイプ

 結線方式

 取付角寸法

 定価

 35mm

 42mm

 56.4mm

 標準

 ユニポーラ

 ●

 ●

 ●

 13,500円~17,500円

 バイポーラ

 ●

 ●

 ●

 高分解能

 ユニポーラ

 -

 ●

 ●

 バイポーラ

 -

 ●

 ●

拡販を狙う市場

医療、光学機器、分析器など精密位置決めの用途などに幅広く拡販します。

販売目標

3年後 10,000台/月

発売日

2014年4月11日