企業情報ニュース

企業情報ニュース

企業情報ニュース一覧へ戻る

2017年5月25日

5相ステッピングモーターPKPシリーズに新タイプ追加

オリエンタルモーター株式会社(取締役執行役員社長:川人英二 本社:東京都台東区東上野4-8-1)は、5相ステッピングモーター PKPシリーズにTSギヤードタイプを新たにラインアップしました。

(写真左)TSギヤードタイプ 取付角寸法60mm  (写真右)TSギヤードタイプ 取付角寸法42mm

背景

従来の5相ステッピングモーターPKシリーズよりも、小型で高トルクのPKPシリーズのラインアップを進めるなか、今回はPKPシリーズと平歯車機構のギヤとの組み合わせとしてTSギヤードタイプを発売しました。従来のPKシリーズで組み合わせていたTHギヤよりさらに許容トルクの高いTHギヤードタイプと組み合わせることでトルクアップのニーズに応えます。

特徴

1. TSギヤードタイプ

平歯車機構のギヤードモーターです。高精度な部品加工により、バックラッシ10minを実現しました。
歯車の強度アップにより、許容トルクが上がるとともに、許容最高速度も最大で833r/minに上がりました。(従来品 500r/min)

2. 小型・軽量

ギヤの許容トルクに合わせて最適なL寸のモーターを組み合わせることで、小型・軽量化を実現しました。

PKPシリーズの特徴

1. 高精度

5相ステッピングモーターPKPシリーズは、ステップ角度が0.72°(高分解能タイプ0.36°)・停止精度±0.05°のため、高精度の位置決めが可能です。また、マイクロステップ駆動のドライバで制御したときの静止角度誤差はフルステップ駆動時とほぼ変わらず高精度です。

2. 低振動・低騒音

基本ステップ角度が0.72°(高分解能タイプ0.36°)と小さいため、基本ステップ角度1.8°の2相ステッピングモーターより低振動・低騒音です。また、マイクロステップ駆動のドライバで制御することでさらに低振動・低騒音駆動が可能です。

3. 小型・薄型コネクタ採用

新製品TSギヤードタイプも小型・薄型コネクタ採用です。
モーターケーブルの引出方向が上向きになり、引出方向の自由度がアップしました。

組み合わせ推奨ドライバ

ステッピングモーター用のフルデジタル制御のフルタイムマイクロステップドライバと組み合わせることで、低振動の駆動が可能となります。

種類と価格(税抜)

5相ステッピングモーター PKPシリーズ

 タイプ

 取付角寸法

 定価

 TSギヤードタイプ

 42mm

 17,200円~21,550円

 60mm


拡販を狙う市場

高トルク、高分解能で精密な動作をさせたい場所での使用

販売目標

3年後 PKPシリーズ全体で 10万台/月

発売日

2017月5月25日


各製品の詳細は、WEB総合カタログをご確認ください。
HOME