剛の変。

強度が変わります。

モーターの特性を最大限に引き出すために、ギヤの強度を高めました。

●高許容トルク

ギヤの強度が上がったことで、最大許容トルクが従来品に比べ2倍に。これまで使い切れていなかったモーターのトルク領域を生かすことができるようになりました。いままで使っていたモーターをKIIシリーズに変えることで、ダウンサイジングも可能。小さいサイズのモーターを選定できれば、消費電力が抑えられるほか、購入コストも安くなります。
※一部製品は除く

許容トルクが従来の最大2倍、高減速比をラインアップ


同じトルクで、サイズダウンが可能

●高強度

許容ラジアル荷重と許容アキシアル荷重が従来の2倍と、高強度になりました。独自の側板方式の採用などによりケース剛性を高め、歯車も熱処理(浸炭焼入れ)による強度アップを図ることで実現しました。
※一部製品では同等

ギヤヘッド内部構造

許容ラジアル荷重と許容アキシアル荷重が、従来の2倍
能の変。

性能が変わります。

ギヤの強度とともに、性能と使いやすさも高めました。

●長寿命

軸受を大口径化し、ギヤヘッドの定格寿命は2倍になりました(従来のギヤヘッド定格寿命5,000時間に対し、10,000時間を達成)。寿命による交換時期が延びるので、装置のメンテナンスの手間を省けます。

定格寿命時間:当社の定める定義は、以下リンクよりご覧いただけます。
http://www.orientalmotor.co.jp/om/knowledge/technical/pdf/Jumyou_Motor_Tech.pdf

定格寿命時間が従来の2倍

具体的な寿命時間の算出方法

以下計算式に当てはめることにより、お客様の使用条件下での寿命時間を計算することができます。なお、寿命時間はお使いの環境などにより異なるため、あくまでも目安としてお考えください。

寿命時間の計算式

モーター出力25W・減速比1/36の場合 
結果:3倍以上の寿命時間 約3年→約10年

●静音

これまでの標準モーターと比べ、モーター・ギヤヘッドの噛み合い音を約6dBも低減。これは一般的に騒音が半減したと感じられ・髓lです。

噛み合い音が、従来に比べ6dB低減

●コンビタイプ

ギヤヘッドとモーターをあらかじめ組み付けてお届けするコンビタイプです。装置への取り付けが簡単におこなえるうえ、シャフトに異音の原因となる傷をつけてしまう心配もありません。

<コンビタイプとは> モーターとギヤヘッドをあらかじめ専用のねじで組み付けてお届けします。モーターだけ、ギヤヘッドだけを保守用としてお求めになることもできます。

ギヤヘッド組み付け済みで取り付け簡単

●高減速比

低減速比から最大1/360の高減速比まで、幅広くラインアップ。1/180以上の高減速比では、これまで中間ギヤヘッドでの減速が必要でしたが、ギヤヘッドひとつで対応できるようになり省スペース化に役立ちます。

低減速比から高減速比のラインアップ 
 6W/15W/25W : 減速比 1/5〜1/360
 40W/60W : 減速比 1/5〜1/300
 90W : 減速比 1/5〜1/180

中間ギヤヘッドが不要になり、全長を短くできる

●出力軸タップ

25W以上のモーターには、出力軸端にタップ加工を施しました。ベルトプーリ機構やチェーンスプロケット機構などの伝達機構部品の抜け落ち防止にお使いいただけます。

値の変。

価格が変わりません。

この強度と性能なのに、価格はこれまでと変わりません。

●価格

強度や作りこみの品質レベルを向上させた一方、価格は従来と同等以下でお届けします。たとえば、25Wのインダクションモーターで比較した場合、価格は300円下がりました。

25Wのインダクションモーターで価格比較 
 ワールドKシリーズ 
 25W 
 三相電源入力 
 GN-Kギヤヘッド 
 減速比1/100 
 13,700円(定価)
 ↓
 KIIシリーズ 
 25W 
 三相電源入力 
 コンビタイプギヤヘッド 
 減速比1/100 
 13,400円(定価)

●豊富なバリエーション(取付角寸法-出力)
□60mm-6W 
□70mm-15W 
□80mm-25W 
□90mm-40W 
□90mm-60W 
□90mm-90W

・インダクションモーター・レバーシブルモーター・電磁ブレーキ付モーター:出力6W〜90W

・スピードコントロールモーター:出力6W〜40W

●海外の電圧仕様に対応

インダクションモーター・レバーシブルモーター・電磁ブレーキ付モーターのラインアップ・仕様

スピードコントロールモーターのラインアップ・仕様

●製品の開発背景はこちら

製造技術データベース「イプロス」に、商品企画担当者の取材記事が掲載されました。