ステッピングよ、簡単操作で動けー!

2010年3月16日

みなさま、こんにちは。ショップスタッフの高野です。
春の気配を感じたり、冬が舞い戻ったりと、最近微妙な気候が続きますね。
でも、春がもうすぐそこまで来ていることが実感できるだけで、
私は幸せな気分になれます。

さて、話は変わりますが・・・
これからステッピングモーターを使い始められる方はいらっしゃいませんか?
そんな方にオススメの商品があります!
私でも使えちゃう・・・

『ストアードデータ型コントローラ SG8030J』(パルス発振器)

今回は使い方までご紹介しちゃいます!

製品はこのような形で、下部のソケット形状が違う2タイプをご用意しています。

P_CJ0032_DIN  P_CJ0032_ume
[DINレール取り付けタイプ]   [埋め込み取り付けタイプ]

共に端子台接続になっている為、半田付け等が不要です。

設定は前面のタッチキーで設定するだけ。
P1000416

まずは、タッチキーの矢印キー(↑↓キー)で
動作パルス数(モーターが何パルス分回転するのか?)を設定。
P1000417

  ←「動作パルス数 1000パルス」


次に運転パルス速度と回転方向を設定。(1=100Hz)
P1000419

  ←「運転パルス速度 2000Hz CCW回転」


その他にも、加減速レートや起動パルス速度、パルス出力方式なども
設定できます。

これで、設定完了!
(運転データは4点まで設定可能)
データ番号の選択とSTART信号を入力すれば、ステッピングモーターを回転させる
ことができます。

また、機械原点復帰運転やタッチキーを押すだけで動かせるテスト運転
可能です。
初めてお使いの方だけでなく、
「単純な往復運転をステッピングモーターでしたい」
「データ数は2~3点で良い」
「試験的にステッピングモーターを使う為、運転データを都度変えたい」
といった、簡単にステッピングモーターを使いたいというお客様にも最適です。

私でも簡単に設定できちゃうコントローラ、是非、ご検討ください!
 → 「DINレール取付タイプ」 の詳細はこちら
 → 「埋め込み取付タイプ」 の詳細はこちら

前のページへ

次のページへ

一覧へ戻る

アーカイブ

---1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031-