停止精度がいいのはどっち?

2010年12月14日

こんにちは。技術セミナー講師の木村です。

皆様、突然ですが、位置決め用の制御モーターである
ステッピングモーターとACサーボモーターでは、
どちらの方が停止精度が良いかご存知ですか?

セミナーにご来場いただくお客様とお話をしていると、
最新のACサーボモーターは、
非常に分解能の高いエンコーダを搭載しているため
「ACサーボモーターの方が停止精度が良い。」
と思われている方も多いようです。

ですが・・・
実際のところ、総合的に見ると停止精度はどちらも
同程度の精度なのです。


<ステッピングモーター>
ステッピングモーターの精度は「内部の加工精度」に起因し、
その値は±0.05°(当社代表機種:RKシリーズ)です。
 →例えば・・・セミナーテキストではこのような形でご説明!

<サーボモーター>
ACサーボモーターの精度は「エンコーダの精度」及び、
「組み付け精度」に起因します。
分解能の高いエンコーダを使用しても「組み付け精度」という
問題点が残るためその値はやはり、±0.05°
(当社代表機種:NXシリーズ参考値)です。
 →例えば・・・セミナーテキストではこのような形でご説明!

しかし、このステッピングモーターとACサーボモーターの精度の
原因の違いから、誤差の出かたにそれぞれの傾向があります。
使用方法によってどちらを使用する方がいいか、
変わってくるわけです!


では、その使用方法による使い分けとは・・・
詳しくは、技術セミナー
『ステッピングモーターとACサーボモーターの使い分け』
でご紹介させていただきます!

続きが気になる?!というお客様、セミナー会場で
お待ちしております。受講料はもちろん無料です!
→セミナースケジュール・お申込はこちらから

前のページへ

次のページへ

一覧へ戻る

アーカイブ

---1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031-