おりろぐ

2011年1月18日

クロスフロー、もっと幅広く使えない?

みなさま、こんにちは。ご注文サポートセンターの髙野です。
全国各地で厳しい寒さが続いていますが、みなさまの地域でも、
雪は降りましたか? 私がいる大阪でも雪が降りました。
先日、来社くださったお客様は「年末から雪が降っては積もり、
ずっと溶けずに残っている」と言われていました。
今冬の寒さを物語っていますよね。

そんな話はさておき、今日はファンに関する豆知識を
ご紹介したいと思います。
取り上げるのは、 『クロスフローファン』です。
冒頭で「寒さ」の話をしたにも関わらず、ここでも「冷却」ファンの話で・・・
寒々しくて、すみません。(苦笑)

まず、『クロスフローファン』はこんな形状です。

  

筒状のランナー(羽)がモーターについており、
均一な風を幅広く送ることができます。
当社のクロスフローファンの大きさは2種類。
ランナーの長さが違い、「150mm」と「300mm」をご用意しています!

ん?
むこうの方から、あるお客様の声が聞こえます!(私には。笑)

「もっと幅広く、風を送ることはできないのか!?」

それが、できるんです!
クロスフローファンは、モーターの取付位置が向かって右側のタイプ
左側のタイプの2種類をご用意しています。
よって、下の写真のように、モーター取付位置が右と左の両方を
ご用意いただき、2つを並べてお使いいただくと、
300mm以上の幅でもご使用いただくことができます

   

具体的には、
150mm+300mm=450mmと、
300mm+300mm=600mmです。

「へぇー、そんな使い方があるんだぁ」

そうなんです。
よりワイドな風が必要な場合は、上のような形で2個使いもできるのだ
ということを思い出していたただければ幸いです。
ちなみにクロスフローファンはセレクトショップで取り扱っております。
→クロスフローファン(AC入力タイプ)(DC入力タイプ
便利なオプションとのおすすめセットはこちらから(AC入力タイプのみ)