お助け隊のノイズ対策講座

2011年2月3日

こんにちは!フィールドサービスの中尾です。
今日は節分。寒い季節になりましたね。今年は雪も多く大変ですね。
私たちフィールドサービスは、雪の中でもがんがん出動して
いますので、お困りの際は、ご遠慮なくお呼びください。

最近の機器は制御盤が小型高密度になってきております。
制御盤の中はサーボモーター、インバーター等の機器が
ついている場合が多く、盤内のノイズ環境は悪化してきています。
お客様からもよく「ノイズ対策」のご相談を受けることも・・・

そこで今日は 『ノイズに対して影響を受けにくくする方法』
何点かご紹介させていただきます。

① 機器のアースをきちんと接続する。


② アースは1点アースにする。
 機器からのアース線は制御盤のアース端子につなぎ、
 機器間を直接接続しない。アースが制御盤の中で、
 円を描かないようにすることで、ノイズを拾いにくくします。

  
③ I/Oラインが長くならないようにする。(2m以内)

④ I/Oラインと動力ライン(AC系、モーター駆動系)を
  同一の経路で引き回さない。それぞれで配線してください。


⑤ パルスライン、DC電源線、AC電源線は、
  配線をツイストペア線(以前『おりろぐ』でご紹介)にする。

⑥ DC電源を制御用(PLC、パルス系等)と動力用
  (電磁開閉器、リレー、バルブ駆動、ドライバ電源等)とで
  別々にする


⑦ リレー等のサージを抑える。

⑧ ノイズフィルタを使用する。

長々と書いてしまいましたが、以上を行うことで、
ノイズに対して強くなります。お困りの際はお試しください。
もちろん、フィールドサービスを呼んでいただいても、OKです。
→フィールドサービスへのご相談はこちらから

前のページへ

次のページへ

一覧へ戻る

アーカイブ

---1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031-