省エネに貢献!~ブラシレスモーター入門編~

2011年7月28日

こんにちは。技術セミナーグループの須藤です。
夏本番ですね!前回のおりろぐ「節電の夏」の流れで、
私が普段している小さな省エネ対策を2つばかりご紹介・・・
・ テレビなどの家電製品のコンセントを小まめに抜く!
・ エアコンの冷房は28℃設定!
小さな省エネですができることから心掛けたいと思います。

ではでは、本題です。今日は技術セミナーグループより
「省エネ」切り口で一つセミナーをご紹介したいと思います。
そうそれは、『 ブラシレスモーター入門編 』 です。

「ブラシレスモーター」の特徴は、
①優れた速度安定性
②広い速度制御範囲
③省エネルギーに貢献
④薄型・ハイパワー   
の4点が挙げられますが、
その中でも 『③省エネルギー貢献 』 について取り上げてみます。

ブラシレスモーターは速度制御モーターですが、
「速度制御」と言うと、他に代表的なものとして
三相インダクションモーターとの組み合わせの
インバータ制御があります。

インバータと言うと、一般的には省エネルギーの代名詞的な
印象がありますが、実はこのインバータを使うよりも
ブラシレスモーターを使った方が、省エネルギーなのです。


理由は、主にモーター内部の構造と動作原理の違いにあります。


簡単にご説明しますと、
ブラシレスモーターはモーターの内部に永久磁石を使っています。
それに対し、インバータ制御で使われるインダクションモーターの
内部には永久磁石は使われていません。

内部に永久磁石を使っているブラシレスモーターと
使っていないインダクションモーターで比較をすると、永久磁石を
使っているブラシレスモーターの方がより効率よく回転できるのです。

よって、
効率が良い(損失が少ない)=消費電力が少ない=省エネルギー
と考えることができます。
↓前回おりろぐでも登場しましたが消費電力比較グラフです


また、ブラシレスモーターは高効率なので
インダクションモーターと比較すると、薄型でハイパワーという
特徴もあり、装置の小型化・軽量化にも貢献できます。


今回ご紹介した『 ブラシレスモーター入門編 』は
こちらからお申し込みいただけます。

オリエンタルモーターでは今回ご紹介しましたセミナー以外にも、
全国各地、定期的に各種セミナーを開催させていただいております。
ご興味あるセミナーがありましたら是非一度お越し下さい。 
→技術セミナーの詳細はこちらから

もちろん、技術セミナーは無料です。
皆さまのご来場、スタッフ一同心よりお待ちしております。

前のページへ

次のページへ

一覧へ戻る

アーカイブ

---1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031-