『超低速シンクロナスモーター』ってご存知ですか?

2011年8月30日

こんにちは。
この前、会社帰りに「元気の差し入れ!どうぞ!」と
手渡された某「元気ハツラツ!」になってしまうドリンク剤に
妙に感動してしまった夏バテ気味の選定サービススタッフ栗原です。

某社キャンペーンの一環のようでしたが
喉も潤され、何より不意に掛けられた言葉に
一瞬夏バテを忘れ、癒しを感じました。
皆さんも、もしこんなシュチュエーションに遭遇した際には
差し入れは「拒まず受け取る」ことをオススメします。

さて、ここからが本題ですが
みなさん、超低速シンクロナスモーターってご存知ですか?

このモーターどんなものか知らないので使えない、「曲者?」と
懸念されている方も多いはず・・・そんなことはありません!
動力用一定速モーターの中でも以下のような優れた特性があります。

★ポイント①★
軽負荷で速度を落とす為だけに減速比を併用している場合、
SMKシリーズであればモーター単体で低速運転が可能です。
◎回転速度・・・50Hz時:60r/min、 60Hz時:72r/min
※SMK014MA-□の場合のみ
  50Hz時:30r/min、 60Hz時:36r/min
 
結果、寸法サイズ・コストダウンにも繋がり一石三鳥?ですよ!
※ギヤヘッドを用いればさらに低速で駆動可能です。
インダクションモーターとSMKシリーズの比較資料はこちら

★ポイント②★
レバーシブルモーターと異なり連続定格で
インチング運転/瞬時正逆運転が可能なんです。
※停止精度について↓ 
モーター電源を切るだけで許容負荷慣性以内あれば、 10°以内
停止可能!
(他製品のモーター単体での停止精度比較はこちら

★ポイント③★ 
機械的な電磁ブレーキが不要で巻き下げ運転/負荷保持が可能です。
ステッピングモーターと同じ構造でローターに永久磁石を
使用しているため、若干の保持力があるんです。
※ギヤを用いた場合、静止保持トルクはギヤ比倍になります。
※直流励磁した場合、静止保持トルクは印加電圧の掛け方により
  調整可能です。→資料はこちら

よって、SMKシリーズは様々な用途に使用できるのです!
(例)
・コンベア搬送などの低速で一定速且つ、定寸送り/瞬時正逆する用途
・リフター上下搬送など保持力が必需となる用途
是非一度、超低速シンクロナスモーター(SMKシリーズ)を
ご検討下さい。

また実際に機構の中でモーターが使えるのかどうか分からない場合には、
ぜひ選定サービスをご利用くださいね。
最適なモーターをご提案させていただきます。

前のページへ

次のページへ

一覧へ戻る

アーカイブ

---1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031-