端子台変換ユニットの簡単配線、ぜひお試しを!

2012年6月28日

こんにちは。ご注文サポートセンターの山田です。

みなさまご存知でしょうか?
実は、オリエンタルモーターのオプション品”端子台変換ユニット”には、
少しでもお客さまの手間が減らせる様、他社にはない特別付属品
添付されているんです。

それは・・・

「製品別信号名表示プレート」です。


使い方としては、
付属品の製品別信号名表示プレートの中から
ご使用のドライバの部分をピリっと切り離して、


端子台のカバーに差込みます。


カバーをあけると、内側にも印字されているので
配線作業の時も一目瞭然ですね!
取説を見なくてもどこに接続しているかがすぐに分かります。


そして、後からのメンテナンス時にも、どの信号がどの端子に接続されているか
すぐに分かって、とっても便利ですよね。

※これらの製品別信号名表示プレートは、
  ハーフピッチコネクタ(20/36/50PIN)が使われている製品全てに
  対応しています。

また、新たにコネクタ端子台変換ユニットの新製品が登場し、
ケーブルの両端とも、シールドのドレイン線をリード線で引き出して
圧着端子を付けました。
 

シールド接地(アースに落とす)が手軽に行えます。
ケーブルの両端を接地すると、よりノイズに強くなります
両端接地が困難な場合には、どちらか一方でも接地していただくと
ノイズ対策に大きな効果が期待できます。
その上、従来のお値段から3,000円もお安くなりました!

ドライバと端子台を両方ご用意しているOMならではのサービスです。
ぜひ多くのお客さまにお使いたいだきたい製品です。

新製品のコネクタ端子台変換ユニットはセレクトショップからもご購入できます。
取説いらずの簡単配線、ぜひお試しくださいね。

前のページへ

次のページへ

一覧へ戻る

アーカイブ

---1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031-