簡単にスピードコントロールなら!

2012年10月16日

皆さま、はじめまして。ご注文サポートセンターの岡田です。
最近寒くなってきたので、久しぶりにマフラーを編み始めました。
一度編み物をはじめるといつも時間を忘れて作業に没頭し
気がつくと3時間経過・・・疲れ目に注意です。

さて、最近お客様とお話した時のこと・・・

お客様:
「ACスピードコントロールモーターMSDシリーズを検討しています。
製品を使うために、他に何を用意すればよいでしょうか?」

岡田:
「(ギヤヘッド品名やオプション品のご案内をさせていただき)・・・、
DC24Vが必要ですが、DC電源はお持ちでしょうか?」


お客様:
「えっ!?DC24Vなんて持ってません!絶対に必要なものなの??」

岡田:
「MSDシリーズは、DC24Vが必要な無接点タイプの
スピードコントローラです。モーターを動かすための単相100V電源の他に、
信号制御用のDC24V電源が必要です。」


お客様:
「25Wのモーターを家庭用電源(単相100V)で
簡単に動かしたいだけなんだけどなぁ・・・」

岡田:
「それであれば・・・コンセントにプラグを差し込むだけの
USシリーズはいかがでしょうか?
ボリュームで速度を調節し、一方向だけの回転で
使うお客様にピッタリです

お客様:
「簡単に、一番速くても1秒で2回転くらいの速度かな。
それを自分で調整して使いたいんだ。」

岡田:
「速度は1分間に120回転位((=2回転/秒)
なので、
減速比は9でいかがでしょうか。25WのUSシリーズでしたら、
製品名はUS425-401と4GN9K(ギヤヘッド)です。
スピードコントロールパックにプラグ付ケーブルがついています。」
※プラグコードは100Vのみに付属します。200Vはリード線です。

お客様:「いいね~それでやってみるよ!」

ということで、お選びいただいた製品はコチラ↓です!
■USシリーズ



ちなみに、最初にお話しましたMSDシリーズ
無接点タイプ(DC24Vが必要)は、リレーなどの機械的な
スイッチの寿命を気にすることなく使え、
配線もシンプルに行えるという利点もあります。

オリエンタルモーターの無接点タイプの
ACスピードコントロールパックですと、
コンパクト設計・名刺サイズの 『MSC-1』 も大好評発売中です。

→DC24V電源との便利なセット商品もご用意しています。

最後になりますが、いよいよ10月26日(金)に東京ショールーム
開催される『秋の新製品大発表会・相談会』が近づいてまいりました!

技術セミナーは、4コース設けておりますが、
うれしいことに『ACモーター入門編』、
『ステッピングモーターの基礎から使い方まで』の2コースが
満席となっております。
たくさんお申し込みいただき、誠にありがとうございます!

ご予約不要なショートセミナーも、6コースご用意しておりますので
当日でもご都合よろしければ是非お越しください!
皆様のご来場を心よりお待ちしております。

前のページへ

次のページへ

一覧へ戻る

アーカイブ

---1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031-