インダクションモーターで瞬時正逆ができます

2013年11月12日

こんにちは。大阪支社 お客様ご相談センターの上村です。
11月に入り2013年もあと2ヶ月をきりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。

そろそろお鍋がおいしい季節ですね!
とは言っても、我が家では季節関係なく毎週日曜日はお鍋の日です。
基本的には父が好きな水炊きのお鍋です。たまには味が違ったお鍋も食べたいな~なんて思います。
私が個人的に好きなのはミルフィーユ鍋です。白菜と豚肉がたまらなく美味しいです!
その他にも美味しいお鍋があれば、ぜひ上村までご連絡下さい。

さて、本日は新しい製品のご紹介をさせていただきます。

今回ご紹介させていただくのは、スピードコントロールモーターユニットの
D-loop スタンダードタイプ』です!


まず、おすすめの特徴を4点ご紹介します。

●コントローラ部にデジタルパネルを搭載
 回転速度やコンベア搬送速度などをモニタすることが出来ます。

●多段速運転可能
 最大4速まで設定することが出来ます。

●ワンタッチ接続、パラメータ調整不要
 ケーブルがコネクタ方式の為、取り付けや取外しが簡単に出来ます。
 また、モーターごとにパラメータを調整する必要もありません。

●インダクションモーターなのに瞬時逆転可能
 新しい制御方式により、インダクションモーターでありながら瞬時に逆転する事が出来ます。

そうなんです!
今までのインダクションモーターでは、出来なかった瞬時正逆
D-loop スタンダードタイプであれば出来ちゃうんです!
もちろん、インダクションモーターなので連続定格です!
しかもインバータと比べてノイズも少ないので安心ですね!

これだけの機能が付いてお値段もお求めやすくなっています。
10月18日から直交軸ギヤードタイプもラインアップされましたので
装置のスペースやラジアル荷重等が気になる方も是非ご検討下さい。

D-loop スタンダードタイプについてもっと知りたい!という方は
お客様ご相談センターまでお気軽にお電話下さいね。

前のページへ

次のページへ

一覧へ戻る