ブラシレスモーターの良いところ!

2013年3月28日

こんにちは。技術セミナーグループの須藤です。
3月も終盤になり春本番ですね。花粉症の私には
とても辛い時期で、「はやく終わらないかな」と毎日思っています。

さて、今回は「スピードコントロールモーターの基礎から使い分け」と題して、
ブラシレスモーターについてご紹介いたします。

まず、スピードコントロールタイプを分類してみると、下記3つになります。
①ブラシレスモーター
②ACスピードコントロールモーター
③インバータ


この中でも、特に機能に優れているのが①ブラシレスモーターです。
特徴は下記4つです。

【 特徴 】
①優れた速度安定性


②広い速度制御範囲

③省エネルギーに貢献

④薄型・ハイパワー

今回はこの中から、『③省エネルギー』と『④薄型・ハイパワー
についてご紹介いたします。

スピードコントロールの用途で「省エネルギー」というと、
インバータを連想されるかと思いますが・・・
実は、ブラシレスモーターを使ったほうが省エネルギーなのです!
理由はずばり、モーター内部の構造と動作原理の違いにあります。



簡単に説明しますと、
ブラシレスモーターはモーターの内部に永久磁石を使っているのに対して、
インバータと組み合わせて使うインダクションモーターの内部に
永久磁石は使われておりません。このふたつを比較すると、
モーター内部に永久磁石を使っているブラシレスモーターの方が
より効率良く回転するのです。
よって効率が良い(損失が少ない)=消費電力が少ない=省エネルギー
考えることができます。

※60W仕様で比較  (青:出力 赤:消費電力

  

また、ブラシレスモーターは高効率なので、インダクションモーターと比較して
薄型なのにハイパワーという特徴もあり、装置の小型・軽量化にも貢献いたします。
ACモーターと比較してみると、ブラシレスモーターのL寸法は
下記写真のように薄型になっています!



今回ご紹介したブラシレスモーターの最新機種
Nex BL BMUシリーズは、さらに薄型化を実現しています!
少し前のおりろぐでもご紹介しておりますので、是非ご覧ください。
過去おりろぐ掲載ページはこちらから>>

オリエンタルモーターでは、
『スピードコントロールモーターの基礎から使い分け』という
技術セミナーを全国各地で定期的に開催しております。
その他のブラシレスモーターの特徴についても、セミナーの中で
詳しくご紹介いたしますので、是非ご受講ください。
もちろん、技術セミナーは無料となっています!
皆さまのご来場、スタッフ一同心よりお待ちしております。
技術セミナーの詳細はこちらから>>

前のページへ

次のページへ

一覧へ戻る