電動スライダのグリースアップをしてみました!

2013年5月23日

こんにちは。名古屋営業技術の高橋です。

5月中旬を迎えましたが、猛暑が続きますね。
名古屋でも先日30℃を超えまして、汗が滝のように出てきました。
そのため、今年初めて家の冷房をつけました!
季節の変わり目ですので皆様も体調にはお気をつけください。

さて、今回はよくお問合せのあるEZ-Drive搭載タイプの
電動スライダのグリースアップを実際にやってみました。

オリエンタルモーターの電動スライダでメンテナンスフリーの製品があります。
これは仕様範囲内のご使用方法であれば、グリースアップなしで
期待寿命までお使いいただくことができます。

ただし、運転条件やご使用いただく環境(高温環境、粉塵が舞う環境など)
によってはグリースアップが必要となる場合があります。

今回はそのグリースアップをどのようにすればいいのか?
というお客様からのお問合せがありましたので、
実際にやって見ようと思います。

使用した機器は以下の写真のようになります。



手順については以下の内容となります。

1.グリースを塗布するために、電動スライダのカバーを外します。







 

 スライダのカバーを固定しているねじが低頭ねじの場合、
 ねじの六角穴が非常になめりやすいのでご注意ください。

2.ガイドとボールねじ軸についているグリースを柔らかい布で
  ふき取ってください。




 

 このときの布は市販のティッシュのような毛羽立ちやすいものは
 避けてください。
 毛羽立ちやすいティッシュがガイド・ボールねじ軸に付着した
 状態で動作させますと、噛みこみの原因となります。

3.グリースを塗布します。



 

 今回はブラシを使ってますが、ディスペンサで塗布する方法も
 あります。また、塗布するグリースは製品ごとに異なります。
 詳細はこちらをご参照下さい。
 

4.ガイド、ボールねじに塗布したグリースを、
  テーブルを動かして全体的になじませます。



 

5.1で外したカバーを取り付けて完了です。

上記の作業はあくまで使用環境が厳しい場合のみ必要になります。
仕様値内かつ使用環境が厳しくなければ、
上記作業は必要なくなりますので、メンテナンスフリーという内容は
非常に魅了的であることを感じていただければ幸いです。

今回使用した電動スライダについてはこちらからご確認いただくことが
できます。

何かご不明な点がございましたらいつでもお客様ご相談センターまで
お気軽にお問合せ下さい。

前のページへ

次のページへ

一覧へ戻る

アーカイブ

---1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031-