スイッチ入りました!

2013年9月26日

こんにちは。ご注文サポートセンターの高橋です。
9月も下旬、朝晩は涼しくなり季節の変わり目を感じるようになってきました。
これからスポーツ、食欲、読書といろいろな秋がやってきます。
いつも私の秋は食欲が一人勝ちなので今年はスポーツにスイッチを入れ、
スポーツの秋に挑戦したいと思います。

さて、スイッチを入れると言えば、「温度スイッチ」はご存知でしょうか。
これから寒くなり、制御盤内の結露や湿度が気になりませんか?

そこで今日は「ファン付きスペースヒーターHMAシリーズ」「ヒーター用温度スイッチ」
ご紹介したいと思います。

こちらの製品は以前にもおりろぐに登場している優れものです。
→以前のおりろぐはこちら

ファン付スペースヒーター HMAシリーズ

ヒーター用温度スイッチAM1-XB1

まず簡単に説明しますと、上の2つの製品を組み合わせていただく事で
温度スイッチで設定した温度以下になるとファン付スペースヒーターが作動し、
ヒーターの熱を温風として拡散させ、筐体内の温度をスピーディに均一化します!


今回は、実際に「設定した温度以下になったらヒーターが作動するのか」実験したいと思います!

1.ファンモーターと温度スイッチを用意します。
ファンの上にあるリボンにご注目ください!ファンが作動するとリボンが立ちます。

2.今回は、約35度以下になったら作動するように設定します。
 ※筐体内の温度が低い時に本来作動させる製品ですが、室温が高い為、
  35度以下で作動するよう今回は高めに設定してみます。


3.スイッチを入れてみると・・・室温が設定よりも低い為、ファンヒーターが作動しました!


4.そこで温度スイッチをドライヤーであたためてみると・・・
 設定の温度よりも暖かくなった為、ファンヒーターは止まりました。


5.そしてもう一度、局部冷却が得意なブロワMBシリーズで温度スイッチを冷まします。
  すると・・・


設定温度まで下がると「カチッ」とスイッチから音がし、
ファンモーターが再び作動しました。

このように、温度を感知し自動で一定の温度を調整します。
これから寒くなり結露が起こりやすい季節となります。
制御盤内の結露防止に必要なときだけヒーターで温度調整!ぜひご検討ください。

この度ご紹介させて頂きましたデモ機は名古屋ショールームにございます。
ご興味をお持ち頂けましたら、ぜひご来店下さい。
スタッフ一同、心よりお待ち致しております。

前のページへ

次のページへ

一覧へ戻る

アーカイブ

---1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031-