『ワーニング機能』ご存知ですか?

2014年1月14日

こんにちは。西日本フィールドサービス中四国担当の瀬崎です。
今年は非常に寒い・・・今日この頃、寒さ対策に毎日エアコンに
お世話になりつつも、喉がカラカラになっております。
エアコンに湿度警報のような機能があればいいのになと思ったり。

警報といえば、当社の製品ではワーニング機能を搭載した製品がラインナップされております。

ワーニング機能搭載の製品を挙げていきますと、
・スピードコントローラユニット DSCシリーズ、
・ブラシレスモーターユニット BXⅡシリーズ、BMUシリーズ、BLAシリーズ
・ステッピングモーターユニット PKAシリーズ、CRK(FLEXタイプ)シリーズ、
                  ARシリーズ、AZシリーズ、RK(FLEXタイプ)シリーズ
・サーボモーターユニット NXシリーズ、
・電動アクチュエータ ELSシリーズ   などなど数多くの製品に搭載しています。

例えば、BXⅡシリーズですと、位置偏差過大ワーニングの場合、
モーター励磁中にモーター出力軸による指令位置と実位置の偏差が
「位置偏差過大ワーニング」パラメータの設定値を超えたとき
デジタル表示部にワーニングコードが表示されます。

↓ デジタル表示部のアラーム出力時とワーニング出力時の表示例


BXⅡシリーズの場合はワーニング状態になったら、
OUT出力を使用して上位コントローラにお知らせすることも可能です。

完全にアラームになると停止してしまうので、
アラームの一歩手前で上位にお知らせし、
モーターが止まる前に何が原因なのか確認もできます。

各シリーズによって、出力できるワーニングは異なります。
詳しくはお客様ご相談センターまでお問合せ下さい。

もちろんアラームが出てしまって動かず困っているという方はフィールドサービスもございます。
モーターの使い方や設定、トラブル発生などお困りの際も、
お気軽にお問い合わせください。
フィールドサービスは、全国どこへでも無料で訪問いたします。

前のページへ

次のページへ

一覧へ戻る

アーカイブ

---1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031-