BMUシリーズの新機能を使ってみました!

2014年2月27日

こんにちは。東京支社 営業技術グループの岡部です。
2月もあと1日、まだまだ寒さが厳しいですね。
雪国育ちの私にとっても、東京の風は冷たく感じます。
春が待ち遠しい今日この頃です。

今回は、「クルクル・ポン」でおなじみのBMUシリーズに
追加された新機能を実際に試してみたいと思います。
BMUシリーズの詳細については、こちらをご確認ください。


ご存知の方もいらっしゃると思いますが、
このBMUシリーズ、昨年8月に設計変更を行い、新機能が追加されました。
追加された機能一覧については、以前のおりろぐでご確認いただけます。
→以前のおりろぐはこちら

今回は、追加された機能の中から、
停止時の出力軸保持機能 (出力軸簡易保持機能) について試してみます。

このBMUシリーズでは、簡易的な出力軸の保持が可能です。
この機能ですが、例えば、
『ベルトコンベアをモーター駆動したいが、停止中にベルトコンベアをずらしたくない!!』
  といった時などに便利です!

設定もカンタンです!
設定方法を動画にしてみましたので、ご確認ください。
(スタート後動画からカーソルをはずしていただくと文字までご覧いただけます)

これで設定は完了です。
それでは、実際に停止時に負荷をかけてみます。



負荷をかけてみても、保持力が発生し簡単には回りません!
  
こちらの機能を使えば、電源を入れている間、定格トルクの50%の力で、
モーターシャフトを保持することが出来ます。(±60°の範囲で保持トルクが変化します。)


さて、今回はBMUシリーズの新機能を体験してみました。
設定もカンタンですので、ぜひお試しください!

実機をお持ちで無い方も、弊社ショールームにご来場頂ければ、
実際に設定から動作まで体験していただけます。

ぜひお気軽にご来場ください。スタッフ一同、心よりお待ちしております。

前のページへ

次のページへ

一覧へ戻る

アーカイブ

---1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031-