技術サポートツールができました!

2014年4月8日

こんにちは。ご相談センターの松本です。
4月になり、新年度がスタートしました。春は出会いの季節。
これからどんな出会いが待っているのか、わくわくどきどきしますね。

そして、早速皆様にはオリエンタルモーターの新しいツールと出会っていただきたいと思います。

その名も”技術サポートツール”です。 こちら、とても使えるツールなんです。
『運転パターン計算』『電子ギヤの計算』 の2種類あり、
いずれもユーザー登録せずともお使いいただけます。
本日は特別に、中身をお見せしたいと思います!


★運転パターン計算★
「45degを1secで駆動させたいが、パルスに換算すると何パルス送ればいいの?」
「コントローラでの設定がHzになっているけど、このときの速度って何Hzで設定したらいいの?」
というときに便利なのがこの『運転パターン計算』です!
            
モーター1回転あたりのパルス数(分解能)を入れていただき、
あとはお客様の動かされたい回転量と移動時間などを入れていただくだけで
簡単にパルス数や運転速度の換算ができます。
機構も回転機構と直動機構の2パターンご用意しております。
<回転機構の場合>

<直動機構の場合>


★電子ギヤの計算★
例えば、ステッピングモーターARシリーズの減速比10のギヤが付いているモーターを
選んだとします。初期分解能は0.036degになります。
インデックステーブルで0.01deg単位での位置決めを行いたい、というとき
電子ギヤをどのように設定したらいいのか?

その疑問、『電子ギヤの計算』があれば即解決します!
     
手順も ①シリーズの選択 ②お客様の求められる最小移動量を入力 ③ギヤ比の入力
以上の3stepで簡単に求めることができます。


いずれもご登録なしでご利用いただくことができる上、
お客様で計算していただくという手間を省くことができます。
とても便利なツールになっておりますので、ぜひご活用いただきたいと思います。
何かご不明な点等があればお気軽にお問合せ下さい。

前のページへ

次のページへ

一覧へ戻る

アーカイブ

---1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031-