"くるくる・ポン″のBMUシリーズで4速運転やってみました!

2014年5月27日

こんにちは。名古屋 営業技術の宍戸です。
先日、淡路島にいきました。やっぱり温暖でいいところですね。
淡路島といえば玉ねぎが有名です。
そこで農家さんへ直接たずね新玉ねぎ5kg購入しました。
これが辛味も少なく甘くて最高でした!
血液さらさらで生活習慣病に備えて日ごろから気をつけて行きたいですね。

さて今回は使いやすいとご好評いただいているBMUシリーズ
「速度の切替方法」をご紹介します。BMUシリーズは最大で4速運転が可能です。
最終的なイメージはこのような運転をさせます。


やることは3つです。
・配線
・設定
・信号の入力

①配線
まずは配線です。
4速運転するためには外部入力信号を使います。
入力信号は3つ割付ができますので、今回は簡易配線ができるブレッドボードと
スイッチ3つを使って配線していきます。
運転データはM0とM1との組合せによって4速まで切替できます。




②設定
次は設定です。ポイントは3つあります。
1.外部信号入力を有効にします
2.運転データは4点設定しますので、No.0~No.3を設定します
3.運転速度の切替は、入力信号M0とM1の組合せによって4速の選択が出来ますので
  入力信号の割付もしておきます


③運転
いよいよ運転です。
スイッチをONすると回転します。M0やM1で4速まで切替ができました!


今回ご紹介しましたデモ機もショールームにご用意しております。
ご興味をお持ち頂けましたら、ぜひご来店下さい。
お近くのショールームはこちらからお調べください。

また、お客様ご相談センターでもお問合せお待ちしておりますのでお気軽にお電話ください。
 

前のページへ

次のページへ

一覧へ戻る

アーカイブ

---1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031-