速度制御のエントリーモデル DSCシリーズ登場!

2014年6月19日

こんにちは。お客様ご相談センターの豊島です。
長い梅雨の時期が続きますね。
この季節の風物詩といえば紫陽花ですが
紫陽花は土の酸性度によって花の色が変わるそうです。
色を元にその土地について考えながら歩いていると
じめじめとした雨の中でも、少し気分が晴れる気がするこの頃です。

さて、皆様はモーターの速度制御をする際、普段どのような機器をご使用されていらっしゃいますか。

そこで今回は、弊社の新製品"速度制御のエントリーモデル"
スピードコントロールモーターユニットDSCシリーズをご紹介いたします。


速度制御をする際には、インバータやサーボモーターご採用の前に
まずこちらのDSCシリーズからご検討ください!
┏━┓
DSCシリーズの特徴
┗━━━━━━━────*

1)選べる制御方法
 内部/外部ボリューム、外部直流電圧、デジタル設定OK

2)簡単接続
はんだ付け不要のコネクタ式を採用
(モータ⇒ワンタッチコネクタ式、入出力信号⇒スクリューレス式)

3)上下駆動OK
電磁ブレーキ付タイプでは下方向への可変速にも対応(回生抵抗不要)

4)低コスト
モーター、ドライバ、ギヤ、ケーブル付きで17,100円~ラインアップ

5)速度追従性◎
安定の速度変動率 ±1%(※速度:1000rpm、負荷率:80%のとき)


6)選べるモーター仕様
・6~90Wまでの幅広い出力ラインアップ
・電磁ブレーキの有無
・ギヤの有無と種類(丸シャフト、平行ギヤ、直交ギヤ) 等

┏━┓
オススメ機能・特性のご紹介
┗━━━━━━━──────*

ここからは、更に皆様にDSCシリーズの「良さ」をより知っていただくために
私のイチオシ機能・特徴をご紹介させていただきます。

【1】モニタ機能


回転速度のモニタ用に、上位にパルスカウンタをつけたり
弊社のオプション品の回転計を接続したり、という方は少なくありません。

速度をモニタしたい、というご要望を元に
DSCシリーズではドライバ前面にモニタを設置しました。

このモニタは速度だけでなく、I/O状態やアラームのモニタも行えます。
万が一トラブルが起きてしまったときも、アラームコードやI/O状態より
原因をすばやく特定することが出来ます。

これにより、上位側の役割のウエイトを軽くし
装置のシステム構成そのものを簡易化することも可能です。

【2】低ノイズ化


ノイズは、本体への影響はもちろん、周辺機器の誤作動の原因にもなります。
インバータは高周波機器ですので、設備全体へのノイズ対策が不可欠となります。

対してDSCシリーズは、位相制御を行っているだけなのでノイズが少なく
サーキットプロテクタやソリッドステートリレー等も不要です。
装置が密集しているような環境下でも安心してお使いいただけます。

【3】並列運転 ―最大20台まで可能


並走しているコンベアを同じ速度で駆動させたいとき等
DSCシリーズは速度設定が外部ボリューム(または直流電圧機器)1台で対応できます。

今までの製品では並列運転を行う場合、おおもとのボリュームに加えて
微調整用のボリュームが各ドライバに必要です。

対してDSCシリーズでは、微調整がドライバ本体で行えますので
立ち上げ時に設定してしまえば、その後はおおもとのボリュームのみで複数軸を制御できます。
配線の簡易化はもちろん、ドライバ設置時の省スペース化も図れます。

以上、お勧めポイントのご紹介でした。

速度制御にインバータから、サーボモーターから選定されていた方!
まずは以下の冊子を覗いてみてください。
・知ってトクする!『目からウロコの小型ACモーター&速度制御のすべて』

DSCシリーズ個別カタログのご請求も受け付けております。
→カタログ請求はこちらから

選定に関しては、無料の選定サービス、またはお客様ご相談センターにて
全面的にバックアップさせていただきます。

実際にDSCシリーズをご覧になりたい際には
東京・名古屋・大阪にはショールームもございます。ぜひご利用ください。

今まで何気なく使っていた機器、見直してみませんか?
皆様からのお問い合わせをお待ちしております。

前のページへ

次のページへ

一覧へ戻る

アーカイブ

---1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031-