AZシリーズで『予防保全』!!

2014年7月29日

こんにちは、ご相談センターの落合です。
夏といえば花火!ですが、皆さまのおすすめ花火大会はありますでしょうか。
私のおすすめは、福井県の“ロケット花火大会”です!
30万発のロケット花火が絶え間なく打ち上げられ、音、迫力ともに凄まじいです。
ロケット花火が観客席に飛んでくるなんてことも・・・機会があれば是非行ってみてください。

さて、“ご相談センターからのご提案”として、とっておきをご紹介をいたします!

【予防保全】という言葉はご存知ですか?

【予知保全】あるいは【状態監視保全】とも最近では言われるようで、
機械設備がこわれたら直す、常に部品の定期交換をするというものではなく、
機械設備の定常的な運転状態を計測し、その結果から故障や異常の
発生する前ぶれを察知して修理・復元を行うものだそうです。

定常的な状態を監視し、異常の前ぶれをアウトプットすることが必要なんですね。
まさにこのアウトプットに優れた製品=AZシリーズなんです!

【①温度インフォメーション出力】
 モーター・ドライバそれぞれの設定温度になるとお知らせ(=出力)する機能です。


ドライバの温度上昇:冷却ファンなどの制御盤内の機器に異常が発生したことが推測できます。

モーターの温度上昇:機構精度、アウトガスなどの変化の要因である温度上昇を察知することができます。

【②TRIPメーターインフォメーション出力】
 走行距離が設定した値に達するとお知らせ(=出力)します。


機構の寿命は仕様の寿命になります。
適切なタイミングでのメンテナンスはワーク品質を保ちます。

【③TLC出力】
任意で設定したトルク値を一瞬でも超過した『瞬間』に出力します。
インフォメーション機能と組み合わせ可能です。


AZシリーズはクローズドループ制御により位置補正を掛けるため、
瞬間負荷の場合でも位置決めは問題なく完了しますが、
異物付着や刃物の欠けなどが発生している場合があるかもしれません。
そのような確認にはこの機能で、ワークに影響を及ぼす状況を素早く察知し、お知らせします。

また、出力信号は他出力信号とANDで出力させるようにすることも可能です。

例)走行距離5000kmを超え、一瞬でも過負荷が発生したら停止させる など。
  (TRIP超過)   +  (TLC出力)又は(積算負荷超過)

他にもAZシリーズは機能満載です。
「こんな駆動・制御はできるかな」と少しでも興味を持っていただけましたら、お気軽にご相談ください
なにかお役に立てるご提案ができるかもしれません。

→AZシリーズの製品詳細はこちらよりご確認いただけます。
    
みなさまからのご連絡をお待ちしております。

前のページへ

次のページへ

一覧へ戻る

アーカイブ

---1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031-