面倒な置き換えがこのツールで簡単に!RKⅡシリーズやってみました

2014年10月21日

こんにちは。大阪営業技術課の遠藤です。
最近、急に寒くなってきましたね。
ついこの間まで半袖で過ごしていましたが、もう長袖が必要かなと思い
早速、夏服から冬服へクローゼットの中身を入替えました。
が、時すでに遅く、風邪をひいてしまいました。みなさんも、風邪にはお気をつけください。

入替えといえば、今ご使用中のRKシリーズを最新のRKⅡシリーズへ
置き換えるときに便利なオプションをご紹介いたします。

置き換え時に悩むのが、『入出力信号の配線』ですよね。

5相ステッピングモーターユニット RKシリーズからRKⅡシリーズへ交換いただく際に、
オプションのRKⅡ用 I/O接続変換ツール『SPT-C02』をご用意いただくと、
ご使用中のI/Oケーブルをそのまま使用できます。

そして、最新のRKⅡドライバはとってもスリムなので
RKドライバの取り付け穴の位置が異なります。
追加工はちょっと困るということもあると思います。
RKⅡ用 ドライバ取付変換プレート『SPT-M02』を使えば、追加工をしなくても、
RKドライバの取付穴位置をそのまま使用して取付が出来ます。


それでは早速く、RKシリーズからRKⅡシリーズへ置き換えをやってみます!

①RKシリーズが設置された状態


②ドライバを取り外します。


③ねじ穴とねじを利用して、『SPT-M02』を取り付けます。
RKⅡ用 ドライバ取付変換プレートを使えば、取り付け用のねじ穴位置はそのまま
使用可能ですので、追加工が不要です。


④『SPT-M02』に添付されているねじで、RKⅡのドライバを『SPT-M02』に取り付けます。


⑤上位PLCからの信号線は、『SPT-C02』のコネクタへ接続します。
『SPT-C02』には、+24V電源を接続します。


⑥『SPT-C02』からドライバへの線を配線します。
配線は、スクリューレスだから面倒なはんだ付け作業は不要です。
各リード線にマークチューブが付いて、コネクタ名と端子番号が
記載してあるので、接続に迷うことはありません。


⑦RKⅡシリーズ置き換え完了!


※モーターシャフト径が異なる場合がございます。置き換え時は事前にご確認ください。

置き換えをご検討の際には、便利なオプションをご検討ください!

→I/O変換ツール SPT-C02(定価:5,500円)

→ドライバ取り付け変換プレート SPT-M02(定価:1,700円)

ご不明点などございましたら、お気軽にお客様ご相談センターまでお問合せ下さい。

前のページへ

次のページへ

一覧へ戻る

アーカイブ

---1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031-