CCC制度はどれが対象になるの?

2015年1月20日

こんにちは、名古屋お客様ご相談センターの宮坂です。
先日友人からの中国土産で、工芸茶を頂きました。
茶葉が球状になっているのですが、お湯の中に入れると中からお花が出てくるんです。
飲んだ後は、乾燥させて飾りとして使ってもいいそうですよ。
寒い冬の日にぴったりで、最近のお気に入りです。

さて中国繋がりという事で今回は、CCC制度についてのお話です。
「中国に輸出をする事になったけれども、はてCCC制度って何だろう?」
「この製品はCCC制度の対象なのだろうか?」
ご相談センターにも時々お問合せを頂く事があります。

CCC制度とは、中国に輸出入をする際に関係のある規格です。
対象になる製品は認証を受けた後、CCCマークを表示します。

CCC未取得の製品は、中国への輸出入・中国国内での販売が禁止されています。

では、オリエンタルモーターの製品では、どれが対象になるのでしょうか?
一言で表すと、『モーターに直接電源を入れた時に駆動するモーター』が対象になります。
そのため、駆動にドライバが必要な製品は対象外になります。

また、対象のモーターでも、装置に組付けて装置として輸出する時には対象外になります。

【対象になるモーター
・AC小型標準モーター
・超低速シンクロナスモーター
・ACスピードコントロールモーター  

対象外になるモーター
・ブラシレスモーター
・ステッピングモーター
・サーボモーター
・電動アクチュエータ
・ファンモーター

装置を中国に納めた後、モーターだけ交換したい!という事もありますよね?
そんな時でもCCC認証が取れているモーターだと、安心です。

CCC制度についてより詳しく知りたい方は、こちら

ではここで、CCC認証取得の新製品をご紹介します。

AC小型標準モーター
三相高効率インダクションモーター
KⅡSシリーズ

 2014年11月よりCCC認証を取得しています。
 とっても高効率なGB1級クリア品です!
 
 KⅡSシリーズの特徴はこちら

スピードコントロールモーターユニット
D-loop DSCシリーズ

 こちらもおなじみDSCシリーズ。
 2014年12月にCCC認証を取得しています。

 DSCシリーズの特徴はこちら

「中国国内で製品が買えるの?」
そんな時には中国日本語お客様ご相談センターまでお問合せ下さい。

その他にも、「このモーターはCCC取得済みなの?」「この場合は対象になるの?」
などお困りの事があれば、ご相談センターにぜひご相談ください。 

前のページへ

次のページへ

一覧へ戻る

アーカイブ

---1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031-