ブレーキ用モーター!実はあるんです。

2015年2月5日

こんにちは。大阪営業技術の重野です。
先週スノーボードをするため、滋賀のスキー場まで行ってきました。
雪道の運転はとても疲れます。滑らないようにブレーキングが重要ですね。

ブレーキといえば実はブレーキ用モーターがあるんです。
巻取り機構以外にブレーキ機構も得意なんです。

では実際にどのようにブレーキが働くのか、やってみたいと思います。
今回は2台のトルクモーターを使用します。
図の左が巻取り用モーター、右がブレーキ用モーターです。
回転方向は両モーターとも時計方向です。
つまり、お互いに反する方向に回転しようとします。まさに綱引き状態ですね。
早速やってみましょう。

STEP1
巻取り用モーターの設定トルク5>ブレーキ用モーターの設定トルク0の場合
↓巻取り用モーターの回転方向に速く駆動します。

STEP2
巻取り用モーターの設定トルク5>ブレーキ用モーターの設定トルク3の場合

↓巻取り用モーターの回転方向にゆっくり駆動します。ブレーキ用モーターのブレーキが働いています。

STEP3
巻取り用モーターの設定トルク5=ブレーキ用モーターの設定トルク5の場合

↓釣り合った状態で停止します。

STEP4
巻取り用モーターの設定トルク5<ブレーキ用モーターの設定トルク7の場合

↓ブレーキ用モーターの回転方向にゆっくり駆動します。力関係が逆転したためです。

このようにトルクモーターは本来の回転方向とは逆に回転させられた場合、ブレーキ力を発生することができます。
トルク特性図はこのようになります。


巻取り機構のブレーキ用としてトルクモーターいかがでしょうか!
ご不明点などございましたらお客様ご相談センターまでお問合せ下さい。

前のページへ

次のページへ

一覧へ戻る

アーカイブ

---1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031-