ギヤヘッド・端子箱の向きを変えてみましょう!

2015年4月2日

こんにちは、ご相談センターの高橋です。
少し暖かくなり桜が綺麗に咲いていますね。
今年は結構寒かったので、桜が待ち遠しかったです。
つい最近まで寒さに負けて怠けてしまっていたので
心機一転して生活習慣から変えていこうと思います!

さて本日は、ご相談センターへよくいただく
一定速モーターの取り付け方向のご質問にお答えします!!

本日使用するモーターはこちらのKⅡSシリーズ(端子箱付)です。

KⅡSシリーズは従来製品に比べ、高効率なモーターとなっており
消費電力は従来の約15%削減、またこれによりモーターの後ろについていた
冷却用のファンも不要となりコンパクトなサイズとなりました。
KⅡSシリーズについて詳しくはこちら

ではさっそくよくあるご質問にお答えさせていただきます!

Q1.一定速モーターのギヤヘッドの向きを180度変えるには?

お客様の機構に合わせて最初からギヤヘッドの組付いているKⅡシリーズの
ギヤヘッドの向きを変えたいとのお話をよく聞きます。

では実際に180度回転させてみましょう!

 ①まずモーターについている六角ボルトを2本緩めます。


 少し緩めたら、一度モーターを縦にし、完全にボルトをはずしてください。
 ※平行にしたままボルトをはじされますと、グリスが漏れてしまう場合がございます。
  ご注意ください。
 

②ギヤヘッドを少しだけ浮かせ、180度回転させます。

 回転させましたら、またボルトを締めて完了です!
 こちらの六角ボルトはモーターに2つしか穴がありませんが
 ギヤヘッド内部には4箇所穴が開いていますので
 90度でも向きを変更する事が出来ます。 

また動画でも、ギヤヘッドの組付け方をご確認いただけます。
モーターとギヤヘッドの組み付け


Q2.端子箱の向きを好きな方向へ変える事はできるのか?


KⅡシリーズ(新スタンダード)・KⅡSシリーズであれば可能です!!
詳しくはこちら

 ①まず、端子箱をあけてみます。
 白い丸で囲ってあるネジを外します。
 外して頂くと、そのまま端子箱を回転できます。
 ※この際、リード線は繋がっている状態なので、端子箱をひっぱったりはしないで下さい。
  リード線の断線原因となります。


 ②内部のねじを再度しめ、端子箱を再度閉じれば完成です!

このようにギヤヘッドの取り付け方向や、端子箱の取り付け方向は90°単位4方向に変更して
いただけます。

この他にも取付や製品についてご不明点等ございましたら
お気軽にお客様ご相談センターまでご連絡いただければと思います。

前のページへ

次のページへ

一覧へ戻る

アーカイブ

---1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031-