Orientalmotorオリエンタルモーター株式会社

用語解説

静止角度誤差

モーターの理論上の停止位置と実際の停止位置とのズレのことです。
ローターの任意の停止位置を出発点とし、1ステップずつ360°測定したときの(+)方向の最大値と(-)方向の最大値との幅を表します。
ステッピングモーターは無負荷状態で±3分(0.05°)以内の精度を持っています。そのわずかな誤差はステータとローターの機械的精度や、ステータ巻線の微小な抵抗・ばらつきなどによるものです。
しかし、実際の用途においては必ず摩擦負荷が存在します。その際の角度精度は、角度・トルク特性より、摩擦負荷に応じた角度変異を生じます。

戻る

サポート/お問い合わせ

  • お客様ご相談センター
  • Q&A
  • メールでのお問い合わせ
  • 最寄りの支店・営業所

製品を選ぶ

ご購入/お見積

  • オリエンタルモーターWEBショップ
  • 電話・FAX・メールでのご注文・お見積
  • 総合カタログのご請求
  • 最新情報をお届けします メルマガ・情報誌
  • オリエンタルモーターWEBサイト 活用ナビ
  • ORIM VEXTA オリムベクスタ株式会社
  • おすすめ製品や活用事例 製品トピックス
  • 技術サポートツール
  • 教えて!照代さん
  • おりろぐ
  • 動画ライブラリー