Orientalmotorオリエンタルモーター株式会社

レバーシブルモーターの構造

レバーシブルモーターは、モーター後部に簡易ブレーキ機構(摩擦ブレーキ)を内蔵しています。このブレーキ機構は次の目的のために取り付けられています。

摩擦負荷を加えることにより、瞬時可逆特性を良くする。
オーバーランを少なくする。

レバーシブルモーターのブレーキ機構

構造的には、上図に示すように、コイルスプリングによりブレーキ板にブレーキシューを常時圧力をかけてしゅう動させています。
ある程度の保持力はありますが、このような構造上ブレーキ力に限度があり、当社ではモーターの出力トルクの約1割程度としています。

 

モーターに関する"豆知識"をメールマガジンで受け取る

サポート/お問い合わせ

  • お客様ご相談センター
  • Q&A
  • メールでのお問い合わせ
  • 最寄りの支店・営業所

製品を選ぶ

ご購入/お見積

  • オリエンタルモーターWEBショップ
  • 電話・FAX・メールでのご注文・お見積
  • 総合カタログのご請求
  • 最新情報をお届けします メルマガ・情報誌
  • オリエンタルモーターWEBサイト 活用ナビ
  • ORIM VEXTA オリムベクスタ株式会社
  • おすすめ製品や活用事例 製品トピックス
  • 技術サポートツール
  • 教えて!照代さん
  • おりろぐ
  • 動画ライブラリー