Orientalmotorオリエンタルモーター株式会社

ラック・ピニオン機構製品の寿命

ラック・ピニオン機構の寿命は歯車の機械的寿命により、動力が伝達できなくなる状態をいいます。
当社ではカタログ仕様値の最大可搬質量かつ速度の最も厳しい条件での寿命を定格寿命として定めています。したがって、負荷の大きさ、負荷の加わり方、使用速度により、実際の寿命は変化します。

定格寿命

ラック・ピニオン機構(LUAシリーズを除く)
: 2000時間
ラック・ピニオン機構(LUAシリーズ)   
: 1千万回往復
(2000時間相当)
LUAシリーズは、他の電動アクチュエータ製品群と異なりショートストローク高速運転向けの製品のため、定格寿命の定義を時間ではなく往復回数としています。
LUAシリーズは生産終了品です。
 

モーターに関する"豆知識"をメールマガジンで受け取る

サポート/お問い合わせ

  • お客様ご相談センター
  • Q&A
  • メールでのお問い合わせ
  • 最寄りの支店・営業所

製品を選ぶ

ご購入/お見積

  • オリエンタルモーターWEBショップ
  • 電話・FAX・メールでのご注文・お見積
  • 総合カタログのご請求
  • 最新情報をお届けします メルマガ・情報誌
  • オリエンタルモーターWEBサイト 活用ナビ
  • ORIM VEXTA オリムベクスタ株式会社
  • おすすめ製品や活用事例 製品トピックス
  • 技術サポートツール
  • 教えて!照代さん
  • おりろぐ
  • 動画ライブラリー