Orientalmotorオリエンタルモーター株式会社

選定計算 電動アクチュエータの場合リニアドモーター

LASシリーズの選定

下図のように搬送物をAからBへ搬送する場合のリニアドモーターを選定していく上で、以下のようなパラメータが必要となります。

必要なパラメータは以下の通りです。

搬送物の質量(mで表します)もしくは推力(Fで表します)
位置決め距離(Lで表します)
位置決め時間(Tで表します)
繰り返し位置決め精度
最大ストローク

上記のパラメータの中で、推力および位置決め時間は以下の計算式で算出することができます。

推力計算式

①ラックに取り付けた搬送物を加速運転する場合の必要推力の計算

②押し引き可能な推力の計算

搬送物にかかる外力がFより小さければ押し引き可能です。

Fmax
:ラック・ピニオンシステムの最大推力[N]
Fa
:加減速運転の必要運転推力[N]
F
:外力を押し引き可能な推力[N]
m
:ラックに取り付けた搬送物質量[kg]+ラック質量[kg]
a
:加速度[m/s²]
g
:重力加速度 9.807[m/s²]
μ
:搬送物を支えるガイドの摩擦係数 0.01
θ
:移動方向と水平面の角度[°]

位置決め時間計算式

ラック・ピニオンシステムが時間的に問題なく位置決めできるかを確認します。確認方法としては、グラフを見ておおよその位置決め時間を求める方法と、計算によってある程度正確な位置決め時間を求める方法があります。それぞれの確認手順を下記に示します。
なお、実際の動作時間とは若干の誤差が生じますので目安としてください。

例)LAS2□500の場合

計算で求める場合
①運転条件の確認

以下の条件を確認してください。
取付方向、搬送質量、位置決め距離、起動速度、加速度、運転速度

②上記の運転条件から、駆動パターンが三角駆動となるか台形駆動となるか確認

位置決め距離、起動速度、加速度、運転速度から、三角駆動した場合の最大速度を算出します。算出された最大速度が運転速度以下の場合三角駆動になり、運転速度を超える場合は台形駆動となります。

③位置決め時間の計算

<台形駆動の場合>

<三角駆動の場合>

VRmax
:三角駆動とした場合の算出された最大速度[mm/s]
VR
:運転速度[mm/s]
Vs
:起動速度[mm/s]
L
:位置決め距離[mm]
a1
:加速度[m/s²]
a2
:減速度[m/s²]
T
:位置決め時間[s]
T1
:加速時間[s]
T2
:減速時間[s]
T3
:定速時間[s]

その他の換算式を以下に示します。
パルス速度と運転速度は次の式で換算できます。運転速度は仕様の最大速度以下でご使用ください。

動作パルス数と移動量は次の式で換算できます。

加減速レートと加速度は次の式で換算できます。

コントローラにより速度、移動量、加速度の入力方法が異なりますのでご使用に合わせて計算してください。

選定サービスのご案内

簡単にご利用いただける選定ソフトのダウンロードサービスや、専任スタッフによる最適製品の選定サービス(無料)をおこなっております。

●選定ソフトをダウンロードする

機構や運転条件の数値を入力していただくだけで、簡単に制御モーターや電動スライダの容量選定ができる選定ソフトをご用意しています。

ダウンロードはこちらから

●選定を依頼する

手間のかかる負荷計算からモーター選定までをお客様に代わっておこない、最短2時間で回答します。

・WEBサイトで依頼する場合

選定フォームを使って簡単に選定依頼ができます。

依頼フォームはこちらから

・FAXで依頼する場合

選定依頼用紙に必要事項を記入し、お近くのお客様ご相談センターへお送りください。

選定依頼用紙はこちらから

 

モーターに関する"豆知識"をメールマガジンで受け取る

サポート/お問い合わせ

  • お客様ご相談センター
  • Q&A
  • メールでのお問い合わせ
  • 最寄りの支店・営業所

製品を選ぶ

ご購入/お見積

  • オリエンタルモーターWEBショップ
  • 電話・FAX・メールでのご注文・お見積
  • 総合カタログのご請求
  • 最新情報をお届けします メルマガ・情報誌
  • オリエンタルモーターWEBサイト 活用ナビ
  • ORIM VEXTA オリムベクスタ株式会社
  • おすすめ製品や活用事例 製品トピックス
  • 技術サポートツール
  • 教えて!照代さん
  • おりろぐ
  • 動画ライブラリー