Orientalmotorオリエンタルモーター株式会社

ケーブルの長さと伝送周波数の関係

パルスラインが長くなるほど伝送できる最高周波数は低下します。
これはケーブルの持つ抵抗成分と浮遊容量などの影響から、CR回路が形成されパルスの立ち上がり、立ち下がりが遅延するためです。
ケーブルの浮遊容量は電線間、対地間などに発生します。ケーブルの種類、配線、引き回しなどにより、条件が変化するため明確な数値を示すことは困難です。

ケーブル浮遊容量イメージ

パルス波形イメージ

以下に当社製品との組み合わせで動作させたときの伝送周波数(実測参考値)を示します。

最高伝送周波数(参考値)
ドライバ コントローラ ケーブル 最高伝送周波数
RKシリーズ EMP2001 CC01EMP5(1m) 170KHz
CC02EMP5(2m) 140KHz
ARLシリーズ
LASシリーズ
DGシリーズ
CC01EMP4-2(1m) 150KHz
CC02EMP4-2(2m) 120KHz
 

モーターに関する"豆知識"をメールマガジンで受け取る

サポート/お問い合わせ

  • お客様ご相談センター
  • Q&A
  • メールでのお問い合わせ
  • 最寄りの支店・営業所

製品を選ぶ

ご購入/お見積

  • オリエンタルモーターWEBショップ
  • 電話・FAX・メールでのご注文・お見積
  • 総合カタログのご請求
  • 最新情報をお届けします メルマガ・情報誌
  • オリエンタルモーターWEBサイト 活用ナビ
  • ORIM VEXTA オリムベクスタ株式会社
  • おすすめ製品や活用事例 製品トピックス
  • 技術サポートツール
  • 教えて!照代さん
  • おりろぐ
  • 動画ライブラリー