Orientalmotorオリエンタルモーター株式会社

おしえて!照代さん

「励磁タイミング信号ってなんですか?」

学くん
「再現性の高い機械原点復帰運転を必要とされる場合にご利用ください。」っか~、難しいなぁ・・・。
照代さん
あら、カタログとにらめっこして。どうしたの?
学くん
あっ、照代さん。実は、ステッピングモーターの励磁タイミング信号を初めてお使いになるお客様から質問を受けたんです。「励磁タイミング信号はどう使うのか?」って。
"原点復帰をおこなうときに使えば、原点復帰の精度が増す"というのはわかってるんですが、「どう使うの?」と質問されたら言葉につまってしまって・・・。
照代さん
あらら~。そもそも学くんは、原点復帰運転の流れは理解してる?
学くん
はい。位置決め運転をするには、位置決めの基準点となる点、つまり原点が必要になってくる。その原点を決めるには、外部に近接センサやフォトセンサなど原点センサを設置しなければならない。で、原点センサが、位置決め運転をする機構部を検出したら、パルス信号を止めてステッピングモーターを停止させる。それが、機械原点復帰運転ですよね。
照代さん
そうね。でも、近接センサは、周囲の温度・湿度・ちりなどの要因によって検出範囲がばらつきやすいのは知ってた?検出範囲がばらついてしまうってことは、パルス信号を止める位置もばらつくことなの。原点出しの精度に影響が出れば、位置決め運転自体の精度にもかかわってくるわよね。
学くん
はい。
照代さん
フォトセンサの場合も、使用センサの反応速度によって停止精度が左右されるの。 要するに、センサの精度にもよるけれど、近接センサもフォトセンサも、単独の使用では停止位置にばらつきが出てしまう恐れがあるってことなのよ。
学くん
そこで、ドライバから出力される励磁タイミング信号が活躍するんですね!?
照代さん
その通り。ところで学くんは、励磁タイミング信号はどんな規則性で出力される信号か、説明できる?
学くん
え~っと・・・。励磁タイミング信号は、ステッピングモーターが初期励磁状態のときに出力されるんですよね。5相ステッピングモーターをフルステップ(0.72°)で使う場合は、10パルスごと、7.2°回転するごとに出力される、・・・丸暗記ですいません(涙)。
照代さん
きちんと理解していないと応用がきかないわよー!ステッピングモーターは、電源を入れると必ず決まったモーター巻線を励磁してシャフトを保持するのよ。このときの励磁を、初期励磁というの。そして、パルス信号が1つ入力されると、モーター巻線の励磁が1つ進み、シャフトが1パルス分回転するのよ。このときは初期励磁ではないから、励磁タイミング信号は消えてしまうわ。でも、7.2°回転すると、再び初期励磁になり、励磁タイミング信号を出力するってわけ。
学くん
そうだったのか~。
照代さん
で、励磁タイミング信号の"使い方"ね・・・。励磁タイミング信号と、原点センサで検出した信号のAND回路を構成すると、原点センサ内での検出範囲のばらつきが抑えられるの。つまり、より正確な原点位置を検出できるってわけね。
学くん
そうか~。規則正しく出力される励磁タイミング信号と、原点センサで検出した信号の両方を利用することで、原点センサの検出範囲がばらついても、正確に原点位置の検出ができるんですね。
照代さん
その通り。オリエンタルモーターのほとんどのステッピングモーターユニットのドライバは、励磁タイミング信号を出力する機能を持っているわ。
学くん
はい、さっそくお客様に説明してみます。
照代さん
しっかり復習しておいてね。
一覧へ戻る
 

モーターに関する"豆知識"をメールマガジンで受け取る

サポート/お問い合わせ

  • お客様ご相談センター
  • Q&A
  • メールでのお問い合わせ
  • 最寄りの支店・営業所

製品を選ぶ

ご購入/お見積

  • オリエンタルモーターWEBショップ
  • 電話・FAX・メールでのご注文・お見積
  • 総合カタログのご請求
  • 最新情報をお届けします メルマガ・情報誌
  • オリエンタルモーターWEBサイト 活用ナビ
  • ORIM VEXTA オリムベクスタ株式会社
  • おすすめ製品や活用事例 製品トピックス
  • 技術サポートツール
  • 教えて!照代さん
  • おりろぐ
  • 動画ライブラリー