Orientalmotorオリエンタルモーター株式会社

おしえて!照代さん

「ファンのアラーム回路について教えてください!」

照代さん
学くん!何をしているの?
学くん
ショールームに置いてある装置が、きちんと動作しているか点検しているんです。冷却用ファンもちゃんと動いてるな、よしっ!
でも照代さん、このショールームの場合は、すぐに見える場所にファンがついているから良いけど、見えない場所とか、すごく遠くにあったら、点検に行くのも一苦労ですよねー。もう少し簡単に点検する方法って、ないんでしょうか?
照代さん
そうね。良いところに気付いたわね。必ずしも、人のいるところに、装置があるというわけではないものね!
そういう場合は、アラーム回路付のファンをおすすめするのもいい方法よ。
学くん
アラーム回路? それって、停止したらアラームが出るんですか?
照代さん
アラーム回路にもいろいろ種類があるの。
学くん
へぇー。
照代さん
(1) 回転低下検出タイプ(無接点・有接点)、(2) 回転停止検出タイプ、(3) パルスセンサ出力回路の3種類があって、それぞれアラーム方法が違うのよ。
学くん
何種類もあってわからないなー。どうやって使い分ければ良いんだろう?
照代さん
それはね、どのタイミングでファンからアラームを出力させたいかによって決まるのよ。
学くん
ふぅーん。
照代さん
例えば、(1) の回転低下検出タイプは、ファンの回転速度の低下によって、装置が故障してしまう可能性がある場合におすすめよ。逆に、ファンの停止後に対処しても大丈夫な場合は、(2) の回転停止検出タイプが適しているわね。(3) のパルスセンサ出力回路は、ファンの回転速度を監視したい場合に便利よ。出力されるパルスによって回転速度を把握できるから、ファンの異常がリアルタイムにわかるの。速度が少しでも下がって装置に悪影響を及ぼす場合には、これがおすすめね。
学くん
ふーん、いろんな種類があるんですね。
照代さん
例えば、(1) の回転低下検出タイプの場合、外部から電圧をかけて、内部回路のON/OFFでアラームを検出するのよ。MRSシリーズの取付角寸法250mm大型高静圧ファンを例にあげると、
※無接点タイプ(オープンコレクタ方式)
正常に回転している時は、ON(オープンコレクタ出力:ローレベル)、回転が低下してきてアラーム出力時には、OFF(オープンコレクタ出力:ハイレベル)になるの。
学くん
へぇー。そのほかの (2)、(3) も同じように、アラームを検出するんですか?
照代さん
どのタイプでも、外部から電圧をかけるという意味では同じね。ただ、製品、アラーム回路の種類によって多少違う場合があるから、それぞれの仕様を確認してみてね。
学くん
わかりました。このアラーム出力を使えば、ぼくは毎朝の点検をしなくても、大丈夫になるんだー!万が一、何かがファンの羽に引っ掛かり、ファンが止まっちゃったりしても、わかるわけだから、安心ですよね。
照代さん
そうね。
学くん
でも、照代さん。もし、ファンが拘束されるような事態になると、やっぱり、ファンは焼損してしまったりするんでしょうか?
照代さん
ACファンはインピーダンスプロテクトまたはサーマルプロテクタを内蔵しているし、DCファンは焼損防止回路内蔵で過熱保護を施しているので大丈夫よ。
※過熱保護の仕様につきましては総合カタログの各仕様のページ、または技術資料をご参照ください。
学くん
そっかー。じゃあ、アラーム回路付のファンを使って、新しいデモ機を作ろうかなー。
照代さん
あんまり頑張りすぎて、学くんの方がアラーム出力しないようにね。
学くん
もうー、やだなぁー照代さん!!
 

モーターに関する"豆知識"をメールマガジンで受け取る

サポート/お問い合わせ

  • お客様ご相談センター
  • Q&A
  • メールでのお問い合わせ
  • 最寄りの支店・営業所

製品を選ぶ

ご購入/お見積

  • オリエンタルモーターWEBショップ
  • 電話・FAX・メールでのご注文・お見積
  • 総合カタログのご請求
  • 最新情報をお届けします メルマガ・情報誌
  • オリエンタルモーターWEBサイト 活用ナビ
  • ORIM VEXTA オリムベクスタ株式会社
  • おすすめ製品や活用事例 製品トピックス
  • 技術サポートツール
  • 教えて!照代さん
  • おりろぐ
  • 動画ライブラリー