Orientalmotorオリエンタルモーター株式会社

ステッピングモーターの基礎

2. 構造と動作原理

2-1. 構造

2-1-2. 5相ステッピングモーターの構造

ステッピングモーターのステーターとローターには、小歯が切られています。

ステッピングモーターの構造

ステッピングモーターの構造

ローター部の構造

ローター部の構造

ローター
モーター内部にある回転子のことです。
鉄で出来ているローター1とローター2の内部には永久磁石が挟み込まれており、ローター1はN極、ローター2はS極に磁化しています。
ローター1・ローター2の外周にはそれぞれ50個づつ小歯が切られています。(小歯ピッチ7.2°)
ローター1とローター2は互いの小歯を半ピッチずらした状態で組み付けています。
ステーター
ローターの外側にある固定子のことです。
複数の巻線で構成されます。
 

モーターに関する"豆知識"をメールマガジンで受け取る

サポート/お問い合わせ

  • お客様ご相談センター
  • Q&A
  • メールでのお問い合わせ
  • 最寄りの支店・営業所

製品を選ぶ

ご購入/お見積

  • オリエンタルモーターWEBショップ
  • 電話・FAX・メールでのご注文・お見積
  • 総合カタログのご請求
  • 最新情報をお届けします メルマガ・情報誌
  • オリエンタルモーターWEBサイト 活用ナビ
  • ORIM VEXTA オリムベクスタ株式会社
  • おすすめ製品や活用事例 製品トピックス
  • 技術サポートツール
  • 教えて!照代さん
  • おりろぐ
  • 動画ライブラリー