企業情報ニュース

企業情報ニュース

企業情報ニュース一覧へ戻る

2018年2月20日

鶴岡市の中学校でブラシレスモーターの出前実験教室を実施

2月13日・14日に鶴岡市立鶴岡第五中学校(山形県鶴岡市大山)で、「便利な社会をまわって支える進化型モーターを体験しよう!」を大きなテーマとし、ブラシレスモーターを使った理科の出前実験教室を実施しました。
講師とTA(テクニカルアドバイザー)をつとめた鶴岡中央事業所と鶴岡西事業所19名の社員は、中学2年生の生徒112名にオリエンタルモーターのことやブラシレスモーターの原理についてわかりやすく伝え、「モーターがつくり出す未来のくらし」について話し合い、生徒たちに発表していただきました。
実験教室の内容は、2月14日の荘内日報と2月15日の山形新聞に掲載されました。

実施日 2月13日(火) ・2月14日(水)
実施先 鶴岡市立鶴岡第五中学校(山形県鶴岡市大山字若柳271番地)
時間  8:50~10:40 (1クラス目/1・2時間目)
10:50~12:40 (2クラス目/3・4時間目)
実施学年・生徒数 中学2年生・28名×4クラス
スタッフ オリエンタルモーター 入社2年目社員19名(2チームに分かれて授業を担当)

おもな授業の流れ

タイトル:便利な社会を回って支える進化型モーターを体験しよう!

講義:くらしのなかのモーター、モーターの原理

  • 実験① コイルモーターをつくってみよう
  • ・身近な素材を使ってモーターをつくり、しくみを学ぶ
  • 実験② ブラシレスモーターを分解しよう
  • ・ブラシレスモーターを分解し、ブラシ付モーターとの違いを学ぶ
  • 実験③ ブラシレスモーターをつくってみよう
  • ・模型を使い手動でブラシレスモーターを駆動する
  • ・実際のブラシレスモーターを動かしてスピードコントロールを体験
  • ディスカッション:モーターがつくり出す未来のくらしを考えよう!
  • ・発表
ページの先頭へ戻る