企業情報ニュース

企業情報ニュース

企業情報ニュース一覧へ戻る

2019年2月1日

山形県鶴岡市の中学校で出前実験教室を実施します

オリエンタルモーター株式会社(代表取締役執行役員社長:川人英二 本社:東京都台東区東上野4-8-1)は、2月13・14日に鶴岡市立鶴岡第五中学校(山形県鶴岡市大山)と、鶴岡市立豊浦中学校(山形県鶴岡市三瀬横町)で理科の出前実験教室を行います。

出前実験教室

概要

  • (1)実施日
  • 2月13日(水)・14日(木)
  • (2)実施校
  • ・鶴岡市立鶴岡第五中学校 山形県鶴岡市大山字若柳271番地
  • ・鶴岡市立豊浦中学校   山形県鶴岡市三瀬横町33番地2
  • (3)スケジュール
  • 実施日 時間 実施校 学年 生徒数 オリエンタルモーター
    担当
    2月13日(水) 9:50~11:40 鶴岡第五中学校 2年生 30名 Bチーム
    13:35~15:25 豊浦中学校 26名 Bチーム
    2月14日(木) 8:50~10:40 鶴岡第五中学校 32名 Aチーム
    10:50~12:40 鶴岡第五中学校 32名 Aチーム
  • (4)実施担当
  • 鶴岡地区に勤務する入社2年目社員 12名が2チームに分かれて実験教室を担当します。

背景

オリエンタルモーターの鶴岡中央事業所と鶴岡西事業所ではAC小型標準モーター、ブラシレスモーター、ファンモーターの開発・生産を行っています。入社1年目は新社員教育がありますが、2年目以降は、配属先の専門的な業務に携わる毎日で、同期が集まる機会があまりありませんでした。そこで、自分たちの会社や仕事についてあらためて考え、地元の中学生にメッセージを伝えに行くことで、さまざまなスキルを高めると同時に同期のつながりを深める活動を開始しました。この活動は、「わくわく社員研究会」と呼び、社員教育と地域貢献の二面性をもたせた新しい取り組みとして、2016年度から始めています。

目的

入社2年目の社員は、ブラシレスモーターや自分たちの仕事について地元の中学生に伝えることを通して「わくわく」し、製品知識をはじめ、コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力、プロジェクト管理能力を高めます。 中学生は、「便利な社会をまわって支える進化型モーターを体験しよう!」をテーマとした実験教室を通して未来の暮らしについて考え、また、地元企業に就職した社員の生の声を聞くことで、自分たちの将来に「わくわく」していただきます。

ねらい

オリエンタルモーターの製品や考え方について深く知ることで仕事に対して誇りをもつ機会とし、同時に仲間意識の向上を狙います。また、鶴岡市の中学生にモノづくりの楽しさを伝えることで、地元にある製造業の良さを認識してもらい、将来の仲間になってくれることを狙います。

おもな授業の流れ

テーマ:便利な社会を回って支える進化型モーターを体験しよう!

講義:くらしのなかのモーター、モーターの原理

  • 実験① コイルモーターをつくってみよう
  • ・身近な素材を使ってモーターをつくり、しくみを学ぶ
  • 実験② ブラシレスモーターを分解しよう
  • ・ブラシレスモーターを分解し、ブラシ付モーターとの違いを学ぶ
  • 実験③ ブラシレスモーターを動かしてみよう
  • ・模型を使い手動でブラシレスモーターを駆動する
  • ・実際のブラシレスモーターを動かしてスピードコントロールを体験
  • ディスカッション:モーターがつくり出す未来のくらしを考えよう!
  • ・発表
  • キャリアトーク

詳細

実験教室を担当するスタッフは、全員入社2年目社員です。大学卒から今年成人式を迎えたばかりの社員までさまざまな同期がそろい、普段から製品に関わる技術、製造のほか、生産企画といった間接的な仕事の者までいます。

「わくわく社員研究会」では、中学生とのコミュニケーションを成功させるためにはどうしたらよいか、実験教室実施までに研究会を合計3回実施し、AチームとBチームに分かれて実験教室で伝えるメッセージを構築し、授業案を完成させていきます。

Aチームのメッセージは「誰かのために考えて設計し、それを形にするために製造するのがオリエンタルモーターのものづくり」、Bチームのメッセージは「世界の根本に鶴岡のオリエンタルモーターがある!!」です。

各チームが講師役と、班分けされた生徒につくTA(ティーチングアシスタント)を決めて実験教室を実施し、モーターの原理や社会とモーターの関わり、企業のなかのさまざまな仕事について中学生に伝えます。

授業の最後には、「モーターがつくり出す未来のくらしを考えよう!」をテーマにディスカッションを行い、生徒たちに発表をしていただきます。

オリエンタルモーターは今後も地域とともに成長していきたいと考えています。

【協力】株式会社リバネス

ページの先頭へ戻る