企業情報ニュース

企業情報ニュース一覧

企業情報ニュース一覧へ戻る

2019年10月17日

国際会議「EEMODS 2019」でモーターの効率化技術について講演

9月17日~19日に、東京の御茶ノ水ソラシティで、モーターシステムの省エネルギーに関して話し合う国際会議「EEMODS(イーモッズ) 2019」(主催:JEMA一般社団法人日本電機工業会)が開催されました。初の日本開催にあたり33カ国・124名が出席するなか、オリエンタルモーターは「産業用小型可変速モーター 高効率化の必要性」について講演し、各国の出席者からの質問に答えました。


地球環境保護の側面から出力の大きいモーターの効率規制が実施されていますが、小型モーターは、消費電力が小さいことから効率規制の対象としての優先順位は高くありませんでした。しかし、近年の労働力人口の減少により産業分野では装置の自動化・小型化が進み、小型モーターの使用量が増加しています。そのため、小型モーターの高効率化も、環境保護の面では同様に重要な課題といえます。
産業用可変速用途の小型モーターを中心に、高効率化が必要な背景と、その取り組みについて発表しました。


【発表概要】
1. オリエンタルモーターについて
2. 環境と労働力人口の将来予測
3. 産業用小型モーターの主な用途と需要
4. 小型可変速モーターの高効率化
5. 今後の取り組み

EEMODSでの講演
ページの先頭へ戻る