企業情報ニュース

企業情報ニュース

企業情報ニュース一覧へ戻る

2019年12月23日

トルクとシャフト耐荷重がアップ
2相ステッピングモーター PKPシリーズ
CSギヤードタイプ(バイポーラ結線)を発売

オリエンタルモーター株式会社(代表取締役執行役員社長:川人英二 本社:東京都台東区東上野4-8-1)は2相ステッピングモーター PKPシリーズのラインアップを拡充し、許容トルクアップとシャフトの許容荷重アップを実現したCSギヤードタイプを追加しました。

PKPシリーズCSタギヤードタイプ

概要

2相ステッピングモーター PKPシリーズは、設計仕様に最適なモーターをお選びいただけるよう、豊富なラインアップをそろえています。今回追加したCSギヤードタイプ 取付角42mm(バイポーラ結線)は、ギヤの取付角寸法を変更することなく、SHギヤードタイプに比べて許容トルクは約2倍、許容ラジアル荷重は4倍にアップしています。また、ギヤシャフトを中心に配置することで、装置への設計性が向上しています。

特徴

1. トルクとシャフト耐荷重をアップ
許容トルクはSHギヤードタイプの約2倍※1、許容ラジアル荷重は4倍※2、許容アキシアル荷重は2.6倍にアップしました。
※1 品名:PKP243~ 定格電流:2.3A 減速比10の場合
※2 シャフト先端からの距離が10mmの場合
トルクとシャフト耐荷重をアップ

2. センターシャフトにより装置への設計性向上
ギヤの構造を見直すことでセンターシャフトを実現しました。取付板の設計の手間が軽減し、ケーブルの引き出し方向の自由度もアップしています。
・取付板設計の手間を軽減
取付版設計の手間を軽減

・ケーブルの引き出し方向の自由度がアップ
取付版設計の手間を軽減

価格(税抜)

定価 13,000円~

拡販を狙う市場

医療、光学機器、分析器などの精密位置決めの用途に幅広く拡販します。

販売目標

1,000台/月

発売日

2019月12月18日

ページの先頭へ戻る