企業情報ニュース

企業情報ニュース

企業情報ニュース一覧へ戻る

2020年12月25日

αSTEP AZシリーズ小型ドライバと直結可能な
リード線タイプのモーターラインアップを拡充
-自動化のニーズにお応えし、装置の小型化・軽量化に貢献-

オリエンタルモーター株式会社(代表取締役執行役員社長:川人英二 本社:東京都台東区東上野4-8-1)は、αSTEP AZシリーズ小型ドライバと直結可能なリード線タイプのモーターラインアップを拡充しました。

AZシリーズ小型ドライバ直結モーター

概要

AZシリーズ小型ドライバは、RS-485通信で制御できるドライバです。重さ39gと軽量なので、メカや制御盤設計の自由度が拡大します。また、モーターの近くへドライバを設置できるため、装置の軽量化やコストダウン、煩雑な配線作業軽減に貢献します。

AZシリーズ小型ドライバ


組み合わせてお使いいただけるのは、AZシリーズモーターや、AZシリーズを搭載した電動アクチュエータです。この小型ドライバと直結できるリード線タイプのモーターに、取付角寸法28㎜と42㎜の標準タイプをラインアップしました。


小型ドライバとの組み合わせモーター


背景

近年、労働力人口の減少や労働環境の改善を背景に、多関節ロボットなど自動化装置の導入が進む中、装置全体の小型化・軽量化が重要になっています。このような産業用ロボットへのニーズに応えるため、小型・軽量・省配線を実現したAZシリーズの小型ドライバを開発しました。可動部に設置した場合でも負荷トルクや慣性モーメントを軽減でき、またこの小型ドライバとモーターを接続ケーブルなしで直結することで、さらに装置の軽量化、コストダウンが実現できます。
AZシリーズ小型ドライバと直結可能なリード線タイプのモーターは、発売済みのハーモニックギヤードタイプに加え、お客様からのご要望が多い標準タイプをラインアップしました。取付角寸法42㎜のモーターには電磁ブレーキ付タイプもご用意しており、用途に合わせて選んでいただけます。

特徴

1. ドライバと直結が可能
AZシリーズ小型ドライバとモーターが直結でき、接続ケーブルが必要ありません。

2. ケーブルの引き回しが容易で省スペース
モーターケーブルをリード線にすることで、引き回し性向上、省スペース化、軽量化を実現しています。ロボットの先端部や関節部など、ケーブルの引き出し部が干渉してしまう場合や、引き回しのスペースにお困りの場合におすすめです。


価格(税抜)

定価 27,000円~

拡販を狙う市場

小型化が求められる自動化・省人化装置など産業用に幅広く拡販します。

販売目標

100台/月

発売日

2020月11月30日

お問い合わせ先

お客様ご相談センター フリーコール 0120-925-410

ページの先頭へ戻る