企業情報ニュース

企業情報ニュース

企業情報ニュース一覧へ戻る

2021年10月4日

αSTEP AZシリーズ miniドライバを新発売
― モバイルオートメーション対応製品 ―

オリエンタルモーター株式会社(代表取締役執行役員社長:川人英二 本社:東京都台東区東上野4-8-1)は、αSTEP AZシリーズに、既存の単軸ドライバよりさらに小型・軽量の、RS-485通信対応ドライバを追加しました。

AZシリーズminiドライバ

概要

αSTEP AZシリーズ miniドライバは、バッテリ駆動、小型軽量をコンセプトとしたモバイルオートメーション対応製品※です。αSTEP AZシリーズDC電源入力のモーターと、それらを搭載している電動アクチュエータを接続でき、既存の単軸ドライバよりさらに小型・軽量を実現しています。
RS-485通信に対応し、別売のネットワークコンバータ(ゲートウェイ)を併用すると、CC-Link、MECHATROLINK、EtherCATによる制御も可能です。これまで以上に用途の幅が広がり、装置の小型化、省エネ化に貢献します。
※バッテリ駆動・小型軽量を共通コンセプトとする製品群です。自走装置や移動設備への搭載に最適で、今後一層求められる自由自在な自動化ライン、モバイルオートメーションの実現に貢献します。

特徴

1. 狭いスペースに収まるコンパクト設計
AZシリーズ DC電源入力の単軸ドライバ(AZD-KD)に比べ、体積比を75%サイズダウンしました。

コンパクト設計

2. 装置の負担を減らす軽量設計
質量は56gと、軽量設計を実現しています。装置自体の質量を減らし、駆動軸の消費電力削減に貢献します。

3. バッテリ電源に対応
バッテリ電源で使用できる、ワイドな電源電圧仕様です。DC24VとDC48Vに対応しています。

バッテリ電源に対応
* 電磁ブレーキ付モーターの場合は、DC22.8~32Vです。

4. 最適な電流制御で省エネ化
負荷状況に合わせてモーターへの供給電流を最適化する、サーボエミュレーションモードを搭載しています。消費電力を節約でき、バッテリの持ちがアップします。

5. FAネットワーク対応
ネットワーク上からの直接制御が可能です。装置情報を一元管理し、省配線に貢献します。

ネットワーク対応
※別売のネットワークコンバータ(ゲートウェイ)を併用すると、CC-Link、MECHATROLINK、EtherCATによる制御が可能です。

価格(税抜)

定価 34,000円

拡販を狙う市場

自動化・省人化装置など精密位置決め用途の幅広い分野

販売目標

5,000台/月

発売日

2021月10月1日

ページの先頭へ戻る