サポートソフト BLST01

BLST01は立ち上げからメンテナンスまでをサポートするソフトウェアです。

コンピュータで、運転データや各種パラメータの設定・編集がおこなえるほか、ティーチング、各種状態のモニタをおこなうことができます。

動画で見る サポートソフト BLST01

BLST01接続イメージ

機能

サポートソフト BLST01について、装置の立ち上げ・稼働・メンテナンス、それぞれに役立つ機能についてご紹介します。

詳細はこちらをご覧ください。

動作環境

BLST01を使用するための動作環境についてご案内します。

下記のスペックを満たしていても、環境によっては十分に動作しない場合があります。
BLST01と製品の通信がうまくいかないときは、セットアップ方法の「通信開始前に確認すること」のチェック項目をご確認ください。

オペレーティングシステム
次のOSは、32ビット(x86)版と64ビット(x64)版に対応しています。
・Microsoft Windows 10
CPU 
Intel® Core™ プロセッサー 2GHz 以上(OSに対応していること)
ディスプレイ解像度
XGA(1280×768)以上
メモリ 
32ビット(x86)版 : 1GB 以上
64ビット(x64)版 : 2GB 以上
ハードディスク
60MB以上の空き容量
USBポート
USB2.0 1ポート
OSの動作条件を満たしている必要があります。

◆ 重要

 ・
お客様がご使用になっているシステムの環境によっては、必要なメモリやハードディスクの容量が異なる場合があります。

通信ケーブル

以下仕様のUSBケーブル(市販品)をご用意ください。

規格
USB2.0(フルスピード)
ケーブル
長さ : 3m以下
形状 : A to miniBまたはmicroB

使用許諾契約書

BLST01をダウンロードする前に必ず使用許諾契約書をお読みください。

使用許諾契約書

ダウンロード

最新バージョンのダウンロード
バージョン
言語
対象OS
ダウンロードファイル
Ver.2.01
日本語
Windows 10
17.6MB
(18,494,907byte)

管理者権限が必要です。

管理者権限がないままインストールをおこなうと、製品との通信ができない場合があります。
デバイスドライバ

デバイスドライバはBLST01のインストール時に自動的にインストールされます。
BLST01と一緒にデバイスドライバがインストールできなかった場合にのみ、お使いください。

デバイスドライバのダウンロードファイルには、32bit版と64bit版が含まれています。お客様の環境に合わせてお使いください。

デバイスドライバ
対象OS
ダウンロードファイル
ORIENTAL MOTOR USB Common Virtual COM Port Driver
Windows 10
2.11MB
(2,215,632byte)
改版内容
改版時期
バージョン
言語
内容
2021年8月
Ver.2.01
日本語
新規リリース

セットアップ方法

はじめに

BLST01のダウンロード・インストールの前に、以下の項目をご確認ください。

インストールの際は、パソコン管理者の権限が必要です。
インストールの前に、現在インストールしているBLST01を必ずアンインストールしてください。
(お使いのバージョンの確認は、ソフト内のヘルプ-「バージョン情報」でおこなってください。)
ルート証明書が最新の状態になっていない場合、インストールに失敗することがあります。

ダウンロード・インストール手順

上記の「はじめに」の内容に問題がなければ、以下の手順でBLST01のダウンロード・インストールに進みます。

1.
インストールプログラム(ZIPファイル)をダウンロードします。
2.
ダウンロードした圧縮ファイルを解凍し、Setup.exe(セットアッププログラム)を起動させます。
解凍ファイルはなるべく階層の浅いフォルダに展開してください。
例) C:\(展開フォルダ)
3.
インストールが開始されるので、画面の手順に従ってインストールします。
BLST01をインストールすると、BLST01のほかに、USB用デバイスドライバがインストールされます。

通信開始前に確認すること

インストールが完了したら、BLST01を起動します。製品との通信を開始する前に、以下の項目をご確認ください。

通信する対象製品の主電源・制御電源を投入した

通信する対象製品の主電源を投入してください。また、制御電源が必要な製品については、制御電源も投入してください。

通信ケーブルをコンピュータとドライバに接続した
通信する対象製品に対応した通信ケーブル(タイプ)で接続した
通信ポートをあわせた

通信ポートを設定するときは、コンピュータと対象製品を接続し、対象製品の電源を投入した状態でおこなってください。
正常に接続しないと、接続先のポートが表示されません。

通信ケーブルのUSB用デバイスドライバをコンピュータに正しくインストールした

BLST01をインストールすると、USB用デバイスドライバも同時にインストールされます。
ドライバがインストールされていない場合は、一度BLST01をアンインストールし、その後再インストールしてください。

使用しているWindowsOSに適したセットアップファイルでインストールした

インストール用のセットアップファイルは、Windowsの各OSごとに異なります。
上記の「動作環境」をご確認の上、使用されているOSに対応したファイルをダウンロードしてください。

最新バージョンのBLST01をインストールした

旧バージョンでは、製品との通信がおこなえない場合があります。
上記の「ダウンロード」に掲載されている、最新バージョンのファイルをダウンロードしてください。

管理者権限でインストールした
接続している製品がBLST01に対応することを確認した

現在接続している製品のシリーズ名や品名を、[ツール]の[接続製品情報]で確認することができます。
未対応製品の場合は、エラーメッセージが表示されます。

これらの項目を確認しても通信がおこなえない場合は、お客様ご相談センターへお問い合わせください。(お電話・FAX・メール)
また、お問い合わせの際は、スタッフに以下の内容をお伝えください。

こちらのページ(BLST01の「通信開始前に確認すること」)をご参照いただいていること
BLST01上で表示されるエラーメッセージの内容
(メールでのお問い合わせの場合は、スクリーンショットなどを添付していただけると、原因をお調べしやすくなります。)

アンインストールについて

BLST01の最新版をインストールする(バージョンアップする)際は、旧バージョンのアンインストールが必要です。
以下の説明に沿って、BLST01をアンインストールしてください。

ご注意

BLST01をアンインストールするときは、BLST01とデバイスドライバの両方をアンインストールしてください。
なお、MEXE02をお使いの場合は、「ORIENTAL MOTOR CO., LTD. Common Virtual COM Port Driver」のアンインストールは必要ありません。

デバイスドライバのアンインストール
1.
通信ケーブルを取り外します。
2.
お使いのOSのプログラムアンインストール方法に従って、「ORIENTAL MOTOR CO., LTD . Common Virtual COM Port Driver」をアンインストールします。
BLST01のアンストール

お使いのOSのプログラムアンインストール方法に従って、「サポートソフト BLST01 」をアンインストールします。

製品を選ぶ

ページの先頭へ戻る