【DO!BOOK・ページリンク】
nm85_1401   7 / 8

BOOKをみる

10秒後にBOOKのページに移動します


学くん: 照代さん! 遅いじゃないですか! ずっと待ってたんですよ! 照代さん: 打ち合わせが長引いちゃったのよ。今日はどうしたの? 学くん: 「中空軸タイプギヤヘッドは、どうやって負荷軸を取り付けたら いいの?」とお客様から聞かれたんです。あと、「スペーサーって必要な の?」とも聞かれたんですが、上手く説明ができなくて…。 照代さん: 中空軸タイプだと中身が見えないから、イメージがつきにくい のも無理ないわね。 学くん: カタログにある説明やイラストも見たんですけど、エンドプレート、 穴用止め輪、スペーサーなど使うんですよね。でも何で必要なのか、 いまいちイメージがつかないんです。 照代さん: なるほどね。まずどのように負荷軸を取り付けるか分かる? 学くん: 「エンドプレートを使用する方法」と「穴用止め輪を使用する 方法」です。 照代さん: そうね。負荷軸の形状が違ったりしているけど、実際の取付 方法はそんなに大きく違わないのよ。カタログで紹介している図をよく 見てみて。 学くん: 本当だ! 負荷軸が段付形状でない場合は、負荷軸と穴用止め 輪の間にスペーサーが入っている違いだけだったんですね! 照代さん: 最近はエンドプレートを使用した取り付けが多いようね。 それぞれの部品の役割をまとめた表があるから見てみて。 学くん: なるほど〜! きちんと役割があったんですね。 照代さん: 「スペーサーは必要なの?」という質問だけど、実はこの スペーサーはとても重要なの。上の図を見るとわかると思うけど、穴用 止め輪の内径が大きいから、これが無いと負荷軸を固定するボルトと 平ワッシャが引っ掛からずに抜けてしまうのよ。あと「キーはどこに配置 すれば良いの?」というご質問もよく聞くわね。 学くん: 右寄りか左寄りか、確かに配置って迷いますよね…。 照代さん: 左図だと、キーの位置がギヤヘッドの左側だったけど、ギヤ ヘッドに添付されているキーが中空シャフト内に納まっていればどこで もいいのよ。 学くん: そうだったんですね! 照代さん: そういえば、新しくWEBサイトに中空軸タイプギヤヘッド と負荷軸の取り付け例が分かる動画も掲載されたから、一緒にご紹介 するといいわ。 学くん: 確かに動画があればイメージしやすいですね。 さっそくお客様に説明してきます! 照代さん: ちょっと待って、学くん。新しく発売されたACモーターの KUシリーズ 直交軸ギヤードタイプもご紹介してね。 学くん: もちろんです! 「高トルク」「高強度」「お求めやすい価格」と 3拍子揃った新製品を、ご紹介しないわけがありません! 照代さん: じゃぁ、お客様へきちんと説明ができるかな? 学くん: いいとも〜!! あっ、少し調子にのり過ぎました…。 ◆エンドプレートを使用する方法◆  ●負荷軸が段付形状の場合 ●各部品の主な役割について 中空出力軸 エンドプレート キー 負荷軸 ボルト スプリングワッシャ 中空出力軸 スペーサー1 平ワッシャ ボルト スプリングワッシャ 穴用止め輪 キー 負荷軸 中空出力軸 スペーサー1 平ワッシャ スプリングワッシャ 穴用止め輪 スペーサー2 キー 負荷軸 ボルト 部品名主な役割 キー回転方向の滑り止め 穴用止め輪負荷軸の抜け止め エンドプレート負荷軸の抜け止め スペーサー1 ボルトの抜け止めと穴用止め輪の保護 スペーサー2 負荷軸の位置決め ワッシャボルトの緩み防止 ボルト負荷軸とギヤヘッドの固定 ◆穴用止め輪を使用する方法◆  ●負荷軸が段付形状の場合  ●負荷軸が段付形状でない場合 穴用止め輪 スペーサー2 キー 負荷軸 スペーサー1 平ワッシャ スプリングワッシャ ボルト http://www.orientalmotor.co.jp/ 7 -Vol.85- 室 しつ 照 て るよ 代さん 知ち 恵え 学 まなぶ くん