Orientalmotorオリエンタルモーター株式会社

電動アクチュエータDRLIIシリーズ 位置決め機能内蔵タイプ

FLEX LOGO位置決め機能内蔵タイプの接続方法

お客様の運転システムにあわせて、以下の制御方法の選択が可能です。
詳細はこちらをご覧ください。

I/O

ドライバに位置決めユニット(パルス発振器)の機能を内蔵しているため、スイッチボックスまたはPLCと直結して、I/Oによる運転システムを構成できます。PLC側に位置決めユニットが不要になるため、省スペース・システムの簡素化を実現します。

Modbus(RTU)/RS-485

RS-485通信で、運転データやパラメータの設定、運転指令の入力をおこなえます。
シリアル通信ユニット1台に対して、ドライバを最大31台まで接続可能です。また、複数軸の同時スタートを可能にする機能を持っています。プロトコルはModbus(RTU)に対応しており、パネルコンピュータやパソコンなどに接続できます。

FAネットワーク

ネットワークコンバータ(別売)を使用することで、CC-Link通信とMECHATROLINK通信、EtherCAT通信に対応できます。
各種通信で運転データやパラメータの設定、運転指令の入力をおこなえます。

システム構成

アクチュエータの運転に必要な情報をドライバに持たせるため、上位PLCの負担が軽減します。
複数軸制御の場合のシステム構成がシンプルになります。
データ設定器(別売)、データ設定ソフトもしくはRS-485通信による設定となります。

システム構成

運転の種類

位置決め機能内蔵タイプは、アクチュエータの運転速度や移動量を運転データで設定し、選択した運転データにしたがって、運転をおこないます。運転の種類は4パターンです。

主な機能

グループ送信機能(RS-485通信またはネットワークコンバータ経由)

RS-485通信で接続した複数軸でグループを構成し、グループ単位で指令を送信することができます。
複数軸の同時スタートや同一動作も可能です。

グループ送信機能(RS-485通信またはネットワークコンバータ経由)

ティーチング機能

データ設定器OPX-2A(別売)またはデータ設定ソフトMEXE02を使用して、ティーチングができます。
テーブルを目的の位置まで移動し、そのときの位置データを位置決めデータとして記憶します。

ティーチング機能

データ設定ソフトは、こちらからダウンロードできます。
また、メディアの提供(無料)もおこなっています。こちらからご請求ください。

PLS-OUT出力機能

・同期運転が可能
指令値と同じパルス数、パルス速度の信号を出力します。
PLS-OUT信号と、DIR-OUT信号(回転方向信号)を他のドライバに入力し、別軸のアクチュエータを駆動させることができます。

・位置カウントに利用
出力された信号をカウントすることで、アクチュエータへの指令位置を確認できます。

サポート/お問い合わせ

  • お客様ご相談センター
  • Q&A
  • メールでのお問い合わせ
  • 最寄りの支店・営業所

製品を選ぶ

ご購入/お見積

  • オリエンタルモーターWEBショップ
  • 電話・FAX・メールでのご注文・お見積
  • 総合カタログのご請求
  • 最新情報をお届けします メルマガ・情報誌
  • オリエンタルモーターWEBサイト 活用ナビ
  • ORIM VEXTA オリムベクスタ株式会社
  • おすすめ製品や活用事例 製品トピックス
  • 技術サポートツール
  • 教えて!照代さん
  • おりろぐ
  • 動画ライブラリー