Orientalmotorオリエンタルモーター株式会社

電動アクチュエータDRLIIシリーズ 位置決め機能内蔵タイプ

運転の種類

位置決め機能内蔵タイプは、アクチュエータの運転速度や移動量を運転データで設定し、選択した運転データにしたがって、運転をおこないます。

位置決め運転

<運転パターン>

単独運転
PTP(Point to Point)の位置決め運転です。

単独運転

連結運転
運転データを連結した多段変速位置決め運転です。

連結運転

連結運転2
運転データを連結したタイマ付位置決め運転です。
タイマ(ドウェル時間)は0~50.000[s]で設定可能です。
(設定単位 : 0.001[s])

連結運転2

+

<起動方法>

● 運転データ選択方式

● 順送り位置決め


原点復帰運転

  • 2センサ方式
    リミットセンサ(+LS,-LS)を用いた原点復帰運転です。

    2センサ方式

  • 3センサ方式
    リミットセンサとHOMEセンサを用いた原点復帰運転です。

    3センサ方式

  • 位置プリセット
    • ・任意の位置でP-PRESETを入力し、原点を確定する機能です。
    • ・原点位置を任意の値に設定できます。

連続運転

    • ・速度点数:63点(No.1~63)
    • ・変速方法:運転データNo.の切換えをおこないます。

    連続運転

その他の運転

  • JOG運転
    +JOGまたは-JOGを入力することで定寸送りを実行します。

製品を選ぶ