Orientalmotorオリエンタルモーター株式会社

ファンモーターの省エネのご提案

地球温暖化が問題になっている昨今、CO2削減をはかる意味でも省エネが幅広く求められています。

消費電力でお困りではありませんか?

配電盤や制御盤などの筐体に組み込まれているファンモーターは常時駆動させておく必要がありますか?
筐体内の温度が低いときにはファンモーターを停止させておくことができれば、ファンモーターの消費電力を削減させることができます。

そんな時、温度スイッチが便利です。

ファン用温度スイッチAM2-XA1は筐体内の温度を任意で設定でき、その温度に達したときのみファンモーターを駆動させます。筐体内が冷却され、一定温度まで低下するとファンモーターを自動的に停止させます。
このため、運転としては間欠運転となり、消費電力を削減させることが可能となるわけです。
ファン用温度スイッチAM2-XA1はファンモーターと電源が共用でき、DINレールにもワンタッチで取り付けられます。

温度スイッチの例

例:MU1238の事例

ファンモーターを常時運転した場合
ファンのみ使用(常時運転)
温度スイッチを併用し、間欠運転した場合
温度スイッチ併用(間欠運転)
(運転は必要なときだけ)

このページのトップへ

サポート/お問い合わせ

  • お客様ご相談センター
  • Q&A
  • メールでのお問い合わせ
  • 最寄りの支店・営業所

製品を選ぶ

ご購入/お見積

  • オリエンタルモーターWEBショップ
  • 電話・FAX・メールでのご注文・お見積
  • 総合カタログのご請求
  • 最新情報をお届けします メルマガ・情報誌
  • オリエンタルモーターWEBサイト 活用ナビ
  • ORIM VEXTA オリムベクスタ株式会社
  • おすすめ製品や活用事例 製品トピックス
  • 技術サポートツール
  • 教えて!照代さん
  • おりろぐ
  • 動画ライブラリー